• YUKI

晴れマーク

夕方から雨が降り出しました。

雨が降っても

なんのその!

子どもたち元気いっぱいに「おはようございまーす」

ってやってきてくれました。

先週はドカンと雷落とされたPreⅡさんでしたが、今日もイキイキとレッスンの準備に取り掛かってくれていました。

前回のレッスンの後の子どもたちの様子を教えてくださったママたちもいらっしゃいました。

どうして叱られたのか?

「その理由もちゃんとわかってました」

というママの声。

叱られたからと言って「バレエヤダ」なんていうこともなかったと。

子どもたちの様子をみて叱っています。大丈夫!と思える子たちだからユキセンセイはユキセンセイらしくぶつかることができています。

だけど、今日のようにママたちから丁寧に報告を受けると、なんだかホッとすると言いますか、子どもたちにちゃんと届いていたんだなって

嬉しくなります。

だけどね!

私だけではなく、ママたちがこんな風に我が子と振り返ってくれる瞬間を持ってくれることで、子どもたちの気持ちが強くなることお気づきですか?

単に彼女・彼らがバレエが好きだから

だけではないんですよ。

「今日」を振り返りながら、子どもたちの言葉や想いを尊重してくれるからこそ

彼女・彼らは前を向いて

次を待ち遠しくなり

毎回を楽しめるのだと私は思っています。


子が叱られた時母の方が胸がキュッとなることだってあります。

それも共に越えながら、我が子の気持ちを大事にしてくれる母たち素敵です。

今日スタジオの中の子どもたちは、みんな前回より動きがイキイキしていました。

ユキセンセイのお話もじっくり聞いてくれていました。

成長を感じたのは、たとえば「やり直し」をした時に

「今のことはどこが違ったか」

とか

「ここはどうするんだよ」

と注意をした時の反応です。

「ハイ」って答える前に、一人ひとりが理解をする間があって

「あ!わかった!」の表情をしてからの

「ハイ」

だったことです。

その様子を見ていてユキセンセイも

「うん!これは確かにわかってくれたね」

と安心できるほどでした。

納得した後は、やっぱり動きも変わっていきました。

当たり前のことのようだけど、

させられて

流されて

いく中では子どもたちのなかに残って行くことは少ないと思います。

「そういうことね!」

って理解ができたあとは、ちょっとした声かけにも身体がグンと反応していきます。

その反応が今日はすごくよかった。

外は雨でもスタジオの中は

晴れマーク

次回も子どもたちとのキャッチボールを大切にしながら、ユキセンセイも伸び伸び

笑顔いっぱい咲かせられるように

レッスンをしたいです。

たくさんプログラム考えるね♡

晴れマークのはなまる!

PreⅡ♡

よくがんばりました!

YUKI

写真はすごく前のものです。



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!