• YUKI

「わからない」ことの把握

大きな目標は

【追加の振付の確認と写し】

土曜日にすすめたこの新たな目標に、またキラキラしてくれてるのかな?

朝スタジオに一番乗りした3rdの子の様子を見ていて思いました。

バレエ以外にも、子どもたちにとっての日々に奮闘している時期だと思います。

3rdの子達もJr.の子たちもそれぞれ。

それでも休日の朝から、イキイキやってきてくれると嬉しくなります。

ありがとう。

**********


今日のレッスンもとてもテンポも速く、振りの確認に時間をかけて、追加したプロローグの振り写しも終了しました。

レッスンとリハーサルの中では、厳しい声かけも多かったけれど、3rdは特にめげなくなったなと感じます。そして奮い立つ強さと新たな学びも得たのではないかなと思いました。

大人側・ユキセンセイにとっては【同じ場面】のことであっても、子どもたちにとってはまだそれ自体がまた【新たな場面】ということも思いました。

Jrは、流石に【同じことを言われてる】と察知して行動に移す事もあるのですが、3rdの子にとっては

【今日のこの場面】が

【過去のこういう時】

と重なるのは、言われてややしばらくしてからのこと

あるいは、今日の時点ではまだ気づけていない事でもあります。

当然ですね。経験値の違いですもの!

だけど、気づいて行動に移す

勇気を持ち始めた子は、この後の自分の気持ちも安心感が持てるようになってきたのだと感じることがありました。

内容は

【振りの確認】です。

「わからないところ」はレッスンの前か、リハーサルの前に聞くべし

ということを土曜日にも念押ししていましたが、子どもたちの中で

「どこまでがわからない」

のかということに対する理解と意識にそれぞれ違いがある事も見えました。(が!厳しく参りますね)

最低限必要なこと

「振付」の動きの把握は、「わかる」「わからない」は自分でわかっていなくてはいけません。

思い切り理解してきた!と見せてくれて

勘違い

把握違い

があればすぐさまわかります。

でも、明らかに思い出せない・動きが止まってしまう

ということは

「わかっていない」

というんだよ

ということに気づいてもらいたいのです。

本人にとっては、「本当にちょっとわからない」ことはこれくらいでいいかな〜

と思ってしまっていた部分もあったかもしれませんが、バレエの動きの連なりは全てがポジションやパで繋がっているからこそ、どこか一つあやふやだと繋がらなくなるはずなのです。

この一文を一語一句暗記せよ

ということと似ていると思います。

その完成形への意識をこの踊りの練習によって高めていきましょうね。

今日はその理解の差が私と子どもたちの中にあるんだろうな

と思いました。

経験して身につけていってください。

そして1つでも行き詰まったら

とにかく【すぐに】聞く!

こと。

これはとにかく早いうちに!

「今しかないんだ」という危機感を、もう少し持ってもらえたらいいなと思います。

危機感というと大袈裟かもしれませんが、

「今が大事」

「今しかない」

という気持ちで取り組むことも、今の時代を生きる子どもたちにとって学んでほしいなと思うことです。

(私自身も同じくです)

ユキセンセイの鬼のような跳ね返しに、行動に移したのは流石にJr.でした。

そしてレッスン中に聞ける時間を...

と数分持つことで3rdの子も行動に移せるように待っていました。

1人勇気を振り絞って聞きにきて、「前に言われたことと同じこと」ということ

そして

「迷っている時間を捨てて、すぐに聞きにくるという行動をとるべきこと」

を伝えています。

聞けば、自分がわかったが増えて、スッと落ち着けて次への取り組みに一歩踏み出すこともできるのですからね!

迷わず

恥を捨てて

と書くのは変かもしれませんが、

「わからない」を聞くことにプライドは捨てていい!ちっとも恥ずかしいことじゃない!!

これをもっとやっぱり伝えたいなと思う子どもたちです。

目標に向かって、キラキラしている意識をそのまま!

なりふり構わず、聞いてください。

受け身じゃなく

自主的に

積極的に

自分の踊りのために。

そして一人一人がその意識を持つことで、1つの踊りが完成していくことも学んで欲しいと思います。

これができるから上手とか

脚が綺麗に上がるから素晴らしいとか

ジャンプが軽やかに跳べるから美しいとか

もちろんあると思います。

でも

美しい

綺麗

凄い

そういった形容詞はまだまだこれからのリハーサルとレッスンの積み重ねで得ていくものでいいと思います。

それ以前の意識の部分

振りは

自分のために

そして皆と踊りを踊る上で最も大切な基礎の部分であるからこそ

「わからない」

を少しでも感じたら、確認程度でも構わないから聞きにきてください。

自分からね。

ここの部分

3rdもJrも

まだまだもう少し!

振りが進んでしまって

何度もリハーサルが重なった後に振付の確認をするのはタブーですよ。

*******

最後に

Jrの子の中に「到着がギリギリになります」と連絡してきた子がました。

「遅刻ではないけれど」

の中に本人の葛藤が見えました。

レッスン後に話を聞くと

「電車に乗り遅れた」

と。

よくよく聞くと

「目覚めが遅かった」

とのことでした。

ある事です。

遅刻だってあります。

朝が弱い人だっています。

でも

それを「自分でそういう一面があることを理解して気をつけていくこと」

は大切なことだよ

というお話をしています。

ビシバシうるさいユキセンセイですけれど、

失敗は成功のもと。

でも成功とか次の目標に自分を推し進めていけるかどうかは、自分の良い面もミスしやすい面も知っておくことは大切ではないかなと思います。

********

しっかり休んで次へ意欲を繋いでね。

YUKI




最新記事

すべて表示