• YUKI

I would love to ~

イベントに向けて、ちょっと嬉しい前進。

その報告と意思確認を子どもたちにしました。

コツコツと練習してきたこの合同での踊りを、後輩さんたちに披露することが出来そうです。

一人ひとりに「どうする?」と聞くと

はっきりと「踊りたい」

伝えてくれました。

「したい」

強く気持ちを伝えられる様になりましたね。



この気持ちを目標にして、さらにここから1か月!またコツコツ励んでいきましょうね。

********

今日の嬉しい変化

聞いてくれました!

「わからないから教えてください」

と。

長かった...笑

けれど彼女にとっては、今日がそのタイミングだったのだと思います。

聞けたことで、やっぱりスッキリした気持ちで、その後のリハーサルは、イキイキしていました。

イキイキしているだけでなくて、この壁蹴破ったからこそ光がさしたかのように(笑)

別人でした。

いえ

彼女らしさが戻った様でした。


「踊りたい」ための大事なことですから、聞いてください。

訳あってレッスンに遅れることを事前に伝えてくれていた子

レッスンに入るまでの準備もテキパキしていましたし、スタジオに入れば目の色がレッスンモードでした。

当たり前の様なことですが、

「レッスンに入ったらどうするか」

この基本姿勢ができている時はどの子も自分の中でキモチをガラッと切り替えています。

でも、状況がいつもと違えば

慌てたり

焦ったりする気持ちから

ネガティブな方に向かうことだってないとは言えないことです。

よく切り替えたなと感じました。

これも「踊りたい」からこそ大事なことですね。

めげそうな日も越えてね。


********

嬉しかったこと

①3rdの子達には実は宿題がありました。

「Jrのお姉さんたちの憧れるところ

素敵だなと思いうことを書いてくること」

ノートにどちらもびっちり

Jrの一人ひとりの良さと憧れについて記してくれていて

そこから

「自分もこういう風になりたい」

と書かれていたことです。

共通して書かれていた子は

3rdにとってJrは《優しい》ということ。

優しい

って素敵ね〜。

そう思われる方も

そう思う方も相手を想っていることから生まれるものではないでしょうか。

Jr.はここから試験期間のため

何かのタイミングで伝えたいなと思っています。

【どういう風になりたいか】

そのためにはそうすればいいか?

踊りたいためにも繋がっていきます。



大きな課題かもしれませんね。

理想に近づく


そのために今の理想をみて、自分を高める。



踊りの面でもたくさん書かれていたので、3rdはJrの背中をチカラにきっとまだまだ伸びて行ける子達だと思います。

【どういう風に見られたいか】

という中で

身だしなみについて気をつけていきましょう。

というお話もしています。

シニヨンが苦手な子は、たくさん練習して「綺麗」と思えるシニヨンをまずは意識していくことをすすめています。(そこには必要なものの整理や準備も入っています)

レッスンが終わって、シニヨンが綺麗に結えるようになってきた相方さんに、教わっていました。

教える方も一生懸命に伝えて

教わる側も...わかったかな??(笑)

励んでみてください。

「踊りたい」からこそ大事な身なりは整えましょうね。

ここまで3rdのことです。

********

Jrは、試験前に突入し頭の中が時々フリーズしているなーと感じることもありました(笑)

勉強の量が増えたなって、よくわかります。人間の脳のキャパは限られていますしね。

だからといって切り替えられていないわけではないんですよ。

昨日のポアントワークの注意も応用していましたし、自分で今できる限りのことはレッスンの中では出せていたと思います。

リハーサルの後に、自分のVaの練習をした子は

今まで練習していたテンポを上げてチャレンジしました。

練習を始めた頃は、速いテンポには歯が立たない...というような状況でしたが、今ではそのテンポにすら一つ一つの動きやポーズが見えてくるかな(?)くらいまで前進!

何より一生懸命で楽しそうでしたから、今日はそれで良しです。

試験後にはまた全力注げる様に、まずは試験勉強頑張っておいでなさい。

3rdはコツコツ来週も、踊りの練習も頑張っていきますよ。

だからこそ

身体は第一に。

風邪などひかない様に身体のケアはしていきましょうね。

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!