• YUKI

Before After

レッスン前のなんとも言えないリラックスし過ぎた光景(笑)お友達との会話が楽しいムード。

秋から進級を目指している子も先輩さんになる方々もいますが...(笑)

大丈夫でしょうか?

(笑)

と突っ込みたくなる姿。

でもこれはこれで今はいいのよね。

ただ今日はココから!

いい雰囲気と

いい吸収

素晴らしい発想力を理解に繋げて、ステキな【姿勢】(Posture)を見せてくれましたよ!!

そのおかげで、レッスンへの姿勢(Attitude)も自然と前向きになっていましたね。

前向きだけじゃなくて、「楽しい」を身体からも、表情からも溢れ出ていて

ユキセンセイ嬉しい嬉しい!!1stでした。

前向きに楽しい姿って見ていて伝わりますよね。

ちょっとばかり、笑いのツボにハマってしまった子もいたり

楽しいあまりに、言葉も溢れてきている子もいましたけれど(笑)

それもこれも今日はまるっとOK!

なぜなら、一生懸命に取り組んだうえでのことだからです。

*********

バーワークの最中に、身体の注意を3つ

お話ししました。

その際にちょっと頭の中で想像を膨らませてもらったんです。

その時に驚かされたこと。

⭐︎レオタード を動かさないっていうのはなぜ難しいでしょう?

と子どもたちに問いかけました。

身体の骨格のお話しに繋げて...

身体には骨があります。

骨がある部分は硬く、その部分はまっすぐ。

ではお腹の周りはなぜクネクネしやすいのか?

という問いかけです。

1、お腹の周りには骨がない

背骨はあるけど、その周りにはない

だから他の場所よりクネクネしやすい

ということに子どもたち自身の発想と考えで繋げてくれましたね。

ブラボー!!

では

⭐︎クネクネしないためには何が必要?

2、筋肉

というまさかの答えが飛び出しました。

そうなんです。筋肉たちが必要になります。

その筋肉をつけていくためにも、真っ直ぐに正しく立とう!とする意識と意志が必要なんです。

そこでバレリーナが綺麗に立つ3つのポイント

1、お腹と背中をまっすぐに意識する(維持する)

2、足の指(爪の後ろ)でしっかり床を押す

3、頭を真っ直ぐに持ち上げる

この3つ

この後のバーワークの姿勢がみるみる変わり、そのあとのフロアワークでも

どうにか気をつけよう!

と意識が働いていましたね。

それだけでも見違えた姿でした。

でも3つの意識って人間が同時にはなかなかできないものなんです。

2つでも精一杯という説があります。

だから!!!

その一つ一つの指令を手放しても、身体が覚えられるようにしていくんです。

それが日々のレッスン。

言われて言われて

同じことを言われて

今はまだしょげちゃうこともあるかも?しれないけれど、そんなのへっちゃら!しょげる必要なしなんです。

身体は意識を忘れるもの。

だから「忘れてるよ」って

叫ぶユキセンセイがココにはいるんです。

それでもね、言われて気づくのと

知っていて言われて気づき直す

のとでは意識の働き方が違うんですよ。

それで!ユキセンセイと子どもたちとの間でのまずは共通意識として今日は3つ

絞りました。

ただこれだけのことなのに、子どもたちは明るかったですね。

なぜなら

意識ポイントがわかって進んでいるから

だと思います。

受け止めやすかったのではないでしょうか?

しかしながら、まぁなんとも変わるものだなって驚かされた姿を見せてもらいました。

そして何より

ココロがウキウキ弾む姿を子どもたちから見ることができて

ほっとしたな。

こういうレッスンが続けられるように

ユキセンセイももっと工夫したいと思います。

*********

ちなみに!

たまにはこういう「じっくり想像して考えてみよう」

っていうことも大切だなとしみじみ思いました。

子どもたちが「難しい」じゃなくて

「ちょっと難しい」けど「楽しい」を掴める範囲でのことは、子どもたちの向上心にも繋がるなと

改めて感じることができましたよ。

そしてそのやりとりの中で、子どもたちとユキセンセイの距離感もまたグッと縮むものだなと...

嬉しい

嬉しいがいっぱいのレッスンでした。

YUKI



最新記事

すべて表示

キッカケ