• YUKI

貫禄

Jr

金曜日!

今日はポアントワークの日。

バーワークを終えてポアントワーク

そして昨日振付をしたアントレの練習を行いました。

ノートにも書かれていましたが

「アントレはとっても大変」

古典作品なので、基礎の連なりと繰り返しで振付ができています。これがとっても大変と感じるのは、油断ができないからではないかなと思います。

ポジションやポーズ1つひとつ

どこも気が抜けない。

一つ一つは出来ることでも連なっていると、神経も集中も、そして体力も使っているから大変なのですよね。

だから良いチャンス!

身体にまだまだ基礎を叩き込むチャンスであり、新たに自分の身体の使い方の見直しもしていくチャンスです。

でも

そんなこと言わなくてもすでに本人たちは理解しているかのようでした。

レッスンの時に、一人ずつに直しを入れるときから受け入れ方が、またさらに今までとは変わった感じがしたのです。

理解したい

身体の使い方をもっとよくしたい

全ては

もっと滑らかに踊りを踊りたい

からではないかなと

また新たに芽生えたなって感じました。

【踊りたいからこそ】

そこには単に【踊りたい】じゃなく

「どんな風に踊りたい」

とか

「どこをよくしたい」

とか

今まで以上に個々に具体化されているように思います。

わかるんですよね。

この芽生えた感じがレッスンへの取り組み方で丸わかりなんです。

なんでこんなにもやりたい!!

のか

ただただ舞台に立つために!

というだけではない気がするほどです。

もちろんその目標は大きいでしょうけれど...

いや

なんだろうか...

今年のやる気

Jrの伸びおそろしや。

そんな感じです。

**********

実はこのクラスの前が2nd。

この2ndが、遠い昔の彼女たちのハチャメチャさ加減と重なることが多いのですけれど...

今日はじめてその2ndで、クラスを途中で中断しました。

(遠い昔のJrにゃよくあったこと)

それもあって今日の日誌はJrから先にあげています。

それで

「はいおしまいです!」

って言って雷落としたユキセンセイをみて、後輩は固まる。

その様子全て理解のJrは

私の怒りも後輩ちゃんたちのタジタジな姿も物ともせずにスタジオにガシガシ入って準備をする。

彼女たち自身は、今の2ndくらいの時期に私からどんな風に叱られたとか記憶はないらしいけれど、

ユキセンセイがなんで叱ってるのか

ということも理解してくれているのであろうこと半分と

こうなったユキセンセイは手がつけられんぞ

っていう私への理解もあって動いてくれているんだろうな〜っていう感じに貫禄すら感じてしまったのでありました。

ドッシリと構えてるな〜Jr。

1番ドッシリしてないのYukiティじゃないのか。。。。

なんて自問自答

YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!