• YUKI

自律性

レッスンの前に準備をする時のことでした。

「これでいいの?」

「これはどうするの?」

と、やってみる前に不安を言葉にして動きが止まってしまった子がいました。

前回も前々回も、みんなと準備が出来ていたのだけど、今日はスタジオ一番乗りで【自分で出来る限りやってみよう】

と声をかけてみても、やってみる前に言葉が先に出ていました。

これは、何にも不思議なことではありません。

3歳児(3歳・4歳)

今、彼女たちは

自分でいろんなことができるようになっている時期です。

食事

お着替え

排泄

遊びも

自分で何でもできるようになっている

この時期は【自律性】が育っている大事な時です。だからこそ、「失敗したらどうしよう」「間違えたらどうしよう」

という不安や恐れも感じるようになっています。

(エリクソンの発達課題より)

その失敗も不安も恐れずに、エイ!ってやってみる環境をここでは出来る限り作れるようにしています。

今日の彼女の不安は、心理的な面は上記を参考にしたとしても、まだまだ続けて繰り返していく事も必要だなと思います。

他の子よりも、レッスンスタートさせて日が浅いですからね。

それでもユキセンセイは、出来る限りその繰り返しも

「やってみる」

ことを促します。

(その促し方に次回の課題は見えました。)

それと「自分でやってみよう」

というキモチが出来てくると

「前回のことを思い出す」作業もきっと頭の中で出来てくると思います。

続けていきましょうね。

とは書きましたが、レッスンの中では

《どの子も》

「こうするの?」

「どうするの?」

なんて声は一切聞こえてこないことが不思議です(笑)

レッスンが始まってしまえば、きっと【バレエ】のキラキラスィッチが入ってしまうのでしょう。

素敵です。

「ココはわかる!」

ということもだんだんと増えていて、一人ひとりがイキイキハキハキ!

やって見せてくれたり

言葉でアウトプットしてくれることも増えました。

アームス(腕の動き)のお名前に関しては、どの子ももうすでにはなまるでした。

次にジャンプのお約束についても

重ねて重ねてきた甲斐あって

今日は、文章で【お約束】を伝えてくれることができました!!

1つできると、楽しさが溢れてきて

そのあとのステップの練習はかわいい笑顔で

さらに!

ユキセンセイが離れても、自分たちで動きの繰り返し(踊りの練習の第一歩の振りの記憶です)

ができました。

堂々としたその姿には

不安など微塵も感じませんでしたよ。

(不思議)

レッスンの時間の中だけではなくて、

始まる前も

帰る時も

【バレエの日】


その日丸ごと「私の時間♡」


そんな自律性が育まれたら嬉しいなと思っています。

着替え

そして

レッスンのお荷物は自分で持って帰ってみよう。

少しずつユキセンセイからリトルリーナずへのお願いを増やしています。

ココは

失敗などないに等しい場所。

失敗する場所(という書き方は好きじゃないけど、そういうこと)

なんでも積極的にやってみる。

キモチとチカラを身につけていきましょうね。

だから時間がかかってもユキセンセイは待ちます。(これがPreⅠです)

すでに一歩ずつ

そのキモチもチカラも生まれてきていますよ♡

YUKI




最新記事

すべて表示

火に油

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!