• YUKI

慣れず

金曜日のさんさんは...

・1st

・レベルアップ1st

・2nd と3rd(希望制)

**********

1st

再開して1週間!

先週よりも子どもたちも意識と意欲が戻ってきた感じがしましたね!

いえ

むしろ

エイヤー!

とユキセンセイの掛け声で戻しちゃったかな(笑)

いずれにせよ、ユキセンセイの

ビシバシバーシ!!!!

の声にこんなに目が輝けるなら素晴らしい。

途中で、久しぶりに登場した【ユキゴリラ】に気迫負けそうになった男子くんもいましたが(笑)

この男子くん!実は今日!!!

やっとユキセンセイとの約束を果たせて、きっと彼自身が「やった!」ってなったはずの瞬間を見逃さなかったです。

それはお片付けのとき。

女の子たちがテキパキ片付けてくれます!彼も!

そして彼はこの時気づいたんです。

1人の女の子が、一生懸命にブロックの箱を棚に上げようとしている瞬間を。

スッとサポート。

そしてスッと彼が持ち上げて棚にあげてくれましたよ!!!

かっこいいいいいいいい!!!瞬間でした。

年末にお願いをしておいたことでした。

先週も彼はこのことに気付いたけど、少し遅かったんです。

今日は!!サッと動き出してくれて素敵なチカラを発揮してくれました。

何より、声をかけたことをずっと彼が心に留めておいてくれたことが嬉しかったです。

レッスンの動きや意識も、たくさん心に留められるといいですね!!

記憶に長けてる子もいるし

身体の反射が良い子もいます。

動きそのものが美しい子もいるし

じっくり考えて積み重ねて掴む子もいれば

迷いながらも一つずつの声かけに勇気を持ってくれてる子もいます。

個人差というよりは

個々に良さが違うんです。

これができたらハナマルとか

100点

ではない世界だからこそ、子どもたちの今の理解や能力、センスや感性

その至る所に刺激と磨きをかけられたら良いなと思っています!

今日は最後に【新しいチャレンジ】も行いましたが、こういう時間がドキドキ・《ワクワク》するのだなーって

ユキセンセイの後ろにいる子どもたちからいっぱい感じました。

「うん!わかったよ!!やりたい!!」

そのオーラ強く

やってみて「あれ違ったな」

じゃぁもう一度じっくり観察だ!

っていうような前向きな姿勢をビンビンビンビン感じました。

こういうレッスンがもうサイコーーーに楽しいの!!

子どもたちと一体化してる感じかな

一丸となれてるとはまた違うけど

いくよー!

って声に

「いきますよーーー!」

って姿勢で感じられる強さ!!

楽しかった!!!!!!!

子どもたちはどうだったかな。

来週また楽しみ。

**********

【レベルアップ1st】

レッスンを終えて振り返ってみた時に

子どもたち一人ひとりの印象!が残ります。

たとえば

誰が

どの瞬間

輝いていたか。

でもそれは相当な美しさとか、上手・下手の話ではなく

【姿勢】

魅せ方

気持ちの発信からくるものだなといつも感じます。

嬉しいのは、どの子もそういう場面が今日はあったな

ということです。

そして1時間を通して放ち続けていた子もいたことです。

ずっと褒められたとか

そう言う単純なことではございませんよ。

本人の意志が込められていた

放たれ続けていた

話も注意もしっかりじっくり聞き続けられていた

といいことです。

だからたくさん注意がしたくなるんです。

上手するのは

そういうことですね。

子どもの印象が残ったときは、単純に言えば

その子自身の

自信があることだったり

興味があることだったり

理解が追いついていることだったり

そういう子どもらしさです。

これはユキセンセイにとって大事な子どもたちのシグナルなんです。

逆に印象が薄い部分は、

自信がないではなく、

自信や理解がある時に比べると

その子にとってまだ【必要性を見出せてない時】でもあるなのかなと思います。

バーワークは特に難しいのですが、子どもたちはじっくり取り組めています。(すごいことなんですよ)

これが今のパの修得にも繋がっていますから、続けて続けてみて

理屈にいつか繋がるように、もっともっと興味も理解もひらけていけたらなと

子どもたちが一生懸命だからこそ感じました。

当たり前のことを書く日誌になってしまったけど!

今日は最初から最後まで集中もお話を聞く姿勢も意欲も崩れなかった子たちも多かったこともあり

やっぱりそう言う時は嬉しいユキセンセイがいて

改めて!

この学童期に大事なこと。

好きなことをするためには

楽しいことをしたいためには

ちょっとやりたくないことも

あまり理解が今は出来かねることも

シャッター下ろさず向き合うことが大切だなと子どもたちの姿から感じたのでした。

ノートもその一つ!

書くことが苦手

と言う子も、一文でも捻出して書いてでも続いていたりしています!!

すごいこと。

そう言う些細な変化はレッスンの意欲や姿勢に表れています。

今からノートを始める子も

始めたばかりの子も

悩まず一文でも一つの絵でも書き出してみること

からスタートしてみましょ!

きっと今の意欲がもっと磨かれるんじゃないかな。

**********

【2nd と3rd】

3rdの子が、レッスンに意欲的に飛び込んで来てくれたことが嬉しかったです。

ここのところ、2ndの後輩さんたちのやる気が行動的になって、互いに刺激し合える先輩と後輩の輪ができてきていたら嬉しいな...

と感じています。

イベントの準備期間から、一緒にレッスンをすることも増えてなんだかこのメンバーがいつ交ざっても違和感ない心地よさを感じているYUKIティなのです。

さて!

レッスンの前は、3rdの先輩さんの黙々たる準備の仕方が2ndさんに広がり、気づけば

シーン!

と一人ひとりがセラバンドのエクササイズに取り掛かっていました。

先輩さんの姿があるって良いですね。

セラバンドの使い方も少しずつ2ndの子も慣れています。取り組みの意識や注意もやっぱり日に日に増えていて、その意識も【自分から】気をつけられる子も増えました。

3rdの子は、随分身体の軸がしっかりとなってきたこともあり、一つ一つのエクササイズがセラバンドのみならず安定と成長が見えています。

バーワークは、一つ一つのエクササイズで注意すべきポイントを入れています。今月から正式に2nd昇進した子は、バーを持つ手と肩にまだまだガッチガチな緊張をしていますが(笑)

それすらも、少しずつ解して【気をつけるべき点】に意識が向いていくといいなと声かけ続けます。

フロアワークでは、少しずつ【方向のポジション】も取り入れています。

まだまだ頭の中が混乱する

と素直にノートに書き出せていた子もいました。

そうでしょう!

でもそれを書き出せるようになったことも成長。

最近は、なりふり構わず

不恰好でも直進し続けられているのは、必死に取り組めている証拠ですもの!

変わってきましたね。

これもそれも

イベントあたりからやはり変わってきたことかなーと振り返ると思います。

フロアワークでは、新たなパの修得も進んでいます。3rdの子にとってはおさらいですが、今この時にもう一度基礎を聞き直すことで、今の彼女ならプラスになっていくと思うんです。そんな意欲の変化は感じていますよ。

2nd メンバーは気持ちが先走って、聞かなきゃならないことを聞き逃していますが(笑)

どんなときも!

「あーこれね!」

と思って聞くのではなく

どんなに知っていることでもレッスンの一回一回に慣れてはいけない。

毎度の注意を新鮮に受け取ってほしいなと

今日見ていて感じました。

それと!!!

敢えて名前を呼ばずに注意や声かけをしていることはどの子も要注意ですよ。

もちろんお名前を呼ばれたとしても呼ばれていなくても同じこと。

【自分のことと思って聞く】

さぁ向き合っていきましょ。

聞き逃さずに。

そしてそのためのノートにしていく準備も。

YUKI




最新記事

すべて表示