• YUKI

三角形

2nd & LU1st

写真のポーズの名前を

【シュル・ル・ク・ドゥ・ピエ】と言います。

通称 クドゥピエ

意味は「足首の上に」。

そして今同時にこのクラスで学んでいるのは

【クッペ】

です。

こちらはポジションからクドゥピエになるまでの動きの名前で

意味は【切る】です。

この違いをまずはハッキリ名前と共に覚えることに取り組んでいます。

2ndメンバーは、前回水曜日にこの違いとそれぞれの名前を再確認したのです。

覚えていた子は1人。

(自信満々に今日も発言してくれていました。この時だけは...と書いちゃうぞ)

面白いのは

「このポーズ(クドゥピエ)はなんていう名前でしょうか?」

と尋ねると

水曜日も今日も違う子が同じような解答をしたことです。

答えは

『三角形』(笑)

小学校2年生の解答。今この子たちはおそらく学校のお勉強で、直線や頂点・辺などを学び

三角形や四角形

あるいは直感三角形

をひたすら探していたことでしょう。

それがそのまま!!

ここでも出ちゃいました。

ちなみにクドゥピエは【直角三角形】ではありません(笑)定規を当ててみるとおもしろいかな。

話がそれましたが、子どもたちは《今》身近に学んでいるものをこんな風に繋げるんだな〜と

発想の豊かさに完敗!

そしてやっぱりバレエはどこか数学的な繋がりを感じるものだよね、と改めて感じたユキセンセイです。

図形をひっくり返してみることも

対照的なものの見方も

動きの中でも必要な能力になってきます。

はい!お勉強も楽しんで続けてくださいね。直接関わりはなくても、名前が三角形じゃなくても(笑)無駄なことは無いのです。

***********

レッスンの集中が、ニョキニョキ高くなっている子たちがいます。

その子たちに共通することは

【自分のこと】

に意識を向け、周りを気にしないチカラが見えています。

逆も然り。

ここには今日は触れませんが(笑)

周りを気にしていたら動けません。

そしてもう一つ!集中が高まっている子たちに共通することは

ユキセンセイの声かけに対して、奮い立ってくれていること。

今日もバーワークの後半では「憶えが遅いところが惜しいところ!」

とズキンと突き刺さることを伝えた子がいました。

そのままかな

と思いきや、跳ね除けました!!

フロアワークで切り替わり、「憶えるぞ」の集中スィッチが入っていました。

またずーーーーーーっと

マイペースというよりはマイワールドが強めで

風のふくまま〜に

その日のレッスンを受けていた感じの子がいましたが(笑)

でもそれが彼女自身も悩みだったんですよね。

原因は「周りを気にしていた」「失敗を怖がっていた」ことかなとも思います。

ここ最近自分自身で「レッスンの集中」の仕方に意識を絞り取り組んでいます。そのことで彼女の良さも見えてきただけではなく、彼女の「気にしい」な性格も変えているかのように感じます。

ちょっと別人です。

ターニングポイントはいずれ皆それぞれにやってくるでしょう。

一人ひとり違います。

ただ!やっぱり大事なことは

踊る時には周りを意識しないこと

集中するのは自分のために切り替えること

さらにいえば

他の誰かが褒められたことに対して向かう矛先が自分に向けられること

じゃ無いかなと思います。

2ndもLU1stも同じくです!

YUKI



最新記事

すべて表示