• YUKI

心見せず

ボディの保ち方

引き上がりが難しい!!

子どもたちは感じているはずです。


特に、毎日子どもたちの身体が変化している今、昨日はわかっても今日はまたわからない


なんてこともしばしば起こっているはずです。


どこまで上がればいいのか?


子どもたちの身体を持ち上げるサポートをしながら感じたことは、

・力みが邪魔をしていること

・いつも通りで甘んじていること


2つめは、とても厳しい言葉ですが、自分の身体にもう少し敏感になってもいいかなと、思う子の身体を触った時に感じることです。



性格もそれぞれ違うため、考えすぎて身体全部に力が入る子もいれば、もう少し意識できれば変わるのになと思う子もいます。


その性格ゆえに、言われて直されれば自分に対して悔しくて 苛立ちが表に見えてしまう子もします。

そこも要注意です。


私自身も、言われて悔しくて自分自身へ苛立つ性格です。よくわかります。


でも、自分に対して苛立っていたとしてもそれが表に見えてしまえば、注意した側は(みた人は)単純に「聞く気がない」と思うことだってレッスンの中では起こりえます。


どんなに、できなくても

どんなに、悔しくても

その感情は、レッスンを終えるまではなるべく出さぬように心がけてください。

とっても難しいことですよね。


でもこれもトレーニング次第です。


自分自身に苛立てば、その時の動きも良くはなりませんしね。


「今は一旦、言われたことを受け入れる時間」


そう切り替えて、反省等々は持ち帰ってみてください。


できなくて当たり前の段階です。

言われてできなくて悔しいから、毎回のレッスンにチャレンジできるのですが、これからは毎回の反省に

自分の感情の揺れが表立って見えていなかったかどうか

もう一度レッスンの時の姿勢と態度を、どんなふうに心がけるか自分で目標を決めてみてはいかがかな。



YUKI





最新記事

すべて表示

和む