• YUKI

人として

基本的な身体の使い方に向き合いながら、バーワークでは基礎をしっかりと積み重ねています。

バーワークの1つ1つのエクササイズの意味・身体の使い方も、Jr.の子たちは特にVaやポアントワークのなかでできるようになるには

どのトレーニングが必要か

置き換えたらどれになるか?


結び付けられている子もいます。


そのため、1つ1つのバーワークのエクササイズの取り組み方が変わったなと思った週初めのレッスンでした。


フロアワークでは、テクニック的なことも増えています。そこまでの積み上げの中で言われてきたことのどれが欠けてもうまくは行かないことも、きっと注意の点から気づいているはずです。

動きが大きくなればなるほど、身体のベースの乱れが見えていて、私からの注意でさらに本人たちがまた基礎に・身体の保ち方に気付き始めているように思います。


立って動き始めると、寝た状態でわかっていた身体の意識が見えなくなることはたくさんあります。

ですが、ちょっとした声のかけ方で「あーそうだった」と、すぐに変わることもまた新たに見えてきています。


一歩ずつの前進が、自分では見えにくくなってくるレベルになってきていると思います。けれど、良いと感じる時もそうではない日もめげず真っ直ぐに受け止め省みながら彼女たちは一歩ずつ着実に前へと足を運んでいるなと思います。


3rdの子も、身体の変化がレッスンの中で前向きに働き始めたなと感じます。そこには気持ちと共に頭もしっかりと成長しているからではないかなと思います。(彼女の場合は、気持ちの保ち方が成長したと思います。)



フロアステップの中では、「明日以降の課題」もまた生まれています。こうした課題を着々と提示できることは、1つ1つ・一回一回のレッスンを好き以上に真面目に受け入れているからではないでしょうか。


Jrは、ワークショップに参加して以降、返事や挨拶もまた磨きがかかっている子もいます。


ある子からレッスンを終えて、身体の心配事の相談を受けました。

今の状態と

これからの意識と

伝えました。


その時の返事と「ありがとうございました」の言葉だけではなく、目の力・所作全てに

「変わったなー」

「成長したな」

と思うほど、しっかりとなった感動があったことをお伝えして

今日の日誌といたします。



毎日のように会っている子達から、レッスンのみならず、人として大切な人との向き合い方の成長を感じられることを嬉しく思います。


YUKI




​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!