• YUKI

りんご

昼食中は、面白いハプニングが続々。

① お弁当がスープだけど、スプーンを忘れた子(笑)

② 弁当箱の蓋が開かずに、15分ほど1人で必死に格闘してはやめてを繰り返していた子(笑)

時間を巻き戻し...

Jrは今日は3人とも午後のスケジュールを忘れていたこと。朝確認したことで、昼食の準備も間に合い昼食時間を大いに楽しめました(笑)

どれも面白いのですけど。

どれも可愛いのですけど。

①②は

「じゃぁどうやって食べる」

って思うことを、今日はそれぞれにサポート(アドバイス)しました。

①スプーンがなかったので、スタジオにあったアルミホイルをお皿にして食べる。

②誰かにお願いせよ。(笑)(これは彼女の今の課題)

ここまで手を出し口を出した理由は彼女たちに

「食べない」という選択肢を私は選ばせたくないからです。

目の前に食事があるならば、有り難く食べて欲しい。

そしてそれは

踊る身体のためにも

自分のココロのためにも。

今日のこの些細な出来事は、いつか何かの際に役に立つことがあるかもしれませんよ。

いつどんなことがあるかわかりませんからね。

**********

Jrはスケジュールの確認ミスをまず学びましたね(笑)

朝一番で昼食は買いに行かせましたが、咄嗟のことだったのでどんな昼食をとるのやら?

と思い

別途こっそり買い出しに行きました。

タンパク質と果物(これは全員に差し入れです)

(食べさせたので記しておきますね。)

過保護でしょ(笑)

この行動過保護よね〜。


でも

いいんです。過保護で。(笑)

大事にして欲しいから。

あれだけ踊っている身体です。そして今成長をしている身体ですからね。

大事にして欲しいからです。

でも何より私が子どもたちにそうしたいから

気になるから

そして大事だから

です。

心がそう感じて身体が反応しちゃうだけです。


食べられないよりは...と過ったのですよね。きっと我慢もしちゃう年齢ですしともね。

時には子どもたちに過保護な私を許可してね。

そんでJr.はスケジュールに確認をお願いね(笑)

**********

もしこんな些細な甘やかしが

子どもたちのココロに残ってくれたら

大人になったときに

そう思える後輩や人に出会えたときに行動にして欲しいです。

私じゃなくて別の誰かに

回して

回して

欲しいと思っています。

Pay it forward

次の誰かに回して。

私はもうありがたすぎるほど

伝え切れないほど

返せないほどの愛も恩も

子どもたちから

ママたちから

出会った方々から

恩師から

いただいて生きてきました。

(今なお温かなお気持ちの中で生かされてます)

子どもたちは特に今社会に出ていき生きていく準備中。

時代はもうすでに子どもたちの時代だと思っています。

私が出来るのは

叱ることと(笑)

なんかちょっと甘やかすだけ。

今日の昼食時間

ほっこりな時間でした。

こんな珍事件もあったことで

余計に楽しそうな5人でしたよ。

その顔見たら、幸せよね〜。結局返されちゃってるね。子どもたちから。

**********



EUでオーディション周りをしていた頃

持っていきなーーと

【りんご一個】

をいただいて電車に乗ったことがありました。



その時のりんごとっても酸っぱかったけど

私の記憶の中では甘みも感じるのは


その方のハートかな。


YUKI




最新記事

すべて表示

ドタバタ

注意の嵐

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!