• YUKI

両手


レッスン開始まで何分準備に時間がかかる? そう思いながら 今日は声をかけました。 バーの準備をふざけながらやっているから時間がかかる。 バーの準備を終えたら レッスンの前に必ずすること! と伝えているはずのストレッチはどうなったの?? それでも2人固まってキャピキャピ それは本来の女子たちの姿です。 当たり前の状況です。 でも、この状態でレッスンをしても上手になるのでしょうか?? 頭にも身体にも教わったことは入っていくのでしょうか? バレリーナになりたい! バレエ大好き! と言っている子どもたち。 最初は少し喝を入れられ、ピリッと空気でレッスンスタートです。 バーレッスンでは、前回に引き続き 「姿勢を正すこと」 で自分たちの姿を見てください! とユキセンセイに伝えるコトをテーマに進めました。 バーワークまでその姿勢は継続。 疲れてきたフロアワークでは、方向のポジションのお勉強。 とても頭を使わなくてはなりません。 ボーッとしている瞬間は、正直少しもないくらい集中していないと理解が難しいことです。 今日はこれを覚える! そして明日、テスト! 少しだけタルタルな子どもたちに刺激を与えました。 憧れの先輩たちに近づくためにも、努力せずには近づけません。覚えなければ先へはすすめません。 でもほら! わかれば楽しいじゃない! をこの後少し感じたようです。 覚えるときは苦痛でも、ギュッと集中してやる気を出してみれば さらに楽しみは増えるのですよ。 リハーサルを何度か練習したのち、彼女たちにとても大事なお話をしました。 2人から伝わる夏休みムード。 きっとお家でもママたちからもいろんな注意を受けていることでしょう。 聞かなくても...彼女たちのふわふわ感を見ればわかりますが。(笑) 事前にママたちともどういうご家庭の方針かも伺ったうえで 今日この後お話をしました。 夏休みだからこそ、バレエを頑張らせたいのに!! とユキセンセイの気持ちを前置きしてお話しました。 やるべきことをやっていますか? 休みを持て余していないですか? 黙り込む2人。 心当たりがありそうですね。 学校がない時間はどのように過ごしていますか? あとは、子どもたちから聞いてみてくださいね。 グッと胸に刺さって涙した子もいましたし、それでも「私はやってるし!」と言わんばかりの目つきの子もいました。 難しい年齢。 変わる夏休みにしましょう。 バレエを通して。 彼女達が好きと言い張るバレエ(笑) それなら子どもたちにその想いと行動が伴うように、導けたら良いなと思っています。 ********** 「お勉強をしなさい!」ともしも言われているのならば それは ママたちが 良い成績をとってほしいとか 頭が良くなって欲しいからだとか そういう理由でうるさく言っているのでは無いと思います。(ご家庭の方針によりますが) 当たり前の日常を大事に過ごさなければ、人はどこまででもいい加減になってしまいます。 おやすみは子どもたちにとって嬉しいけれど、気持ちのままにダラダラ過ごせばずーーーっとそのまま過ごせてしまうんです。 人間も動物ですからね。 ユキセンセイだってそうです(笑) でもそんな風に過ごすと さぁバレエの時間! ってなってもスィッチは入らないし頭は急には目覚めないものです。 脳は動かし訓練し続けないとね。 バレエも同じでしょ。 でもバレエをするにも、脳は刺激して動かさないとね。 今日の難しいことも、一回の説明の時点でもう少しキャッチ出来たと思うのです。 彼女たちならね! そんな様子でしたので、最後の最後にお話をしてリハーサルももう一回やり直しました。 叱られたあとはやっぱり反射がありました。 涙目でも踊るときは、笑っていたから本当にバレエがやりたいことんだと思います。 上がっては下がって その繰り返しがきっとまだまだ続くと思われます。 一回や二回で急に変わる子はいません。 バレエからは 長い目で見守っていきます。 彼女達が 「バレエはやりたい!」 というのだから!どうか背中を押してあげてください。 こちらも両手ちぎれるほど広げて(笑) 受け止めさせていただきます。 YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #東池袋 #豊島区 #小竹向原 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!