• YUKI

良かった点


夏休み火曜は休みだ2nd以上のレッスンです。 2ndの子も、まずはお姉さんたちと一緒にフルワークをしてリハーサル。 その後、3rd以上はリハーサルが続き、Pro-adの子どもたちは4時間。 時間ではありませんが、この長時間をどの子もよく体力も気力も続くものだな と、 指導する側が驚かされます。 長時間動いたあとは、しっかりとストレッチをして帰る。 掃除も当たり前に身についてき始めて、嬉しい限りです。 少し先に上がった3rdの子も、出来る掃除をして帰っていきました。終わったらきちんと 「お先に失礼します!」 をハキハキ伝えて帰りました。 ハナマルです! レッスンの途中でも、返事がイマイチだったり 口を開けずに話をすることに 今うるさーく 言われ続けています。 今日も幾度かその注意を私から受ける姿がありましたが(笑) その時も言われたらすぐに言い直していました。 そこもハナマルです。 リハーサル前は、3rdの子も2ndの子も紐付きのサテンシューズを履きます。 履き方を3rdの先輩さん、優しく見守りながら2ndの子に教えてあげていました。 「教える」 って難しいそうです(笑) 先輩になった3rdの子も少しずつ後輩さんたちをサポートする場面もあります。 以前同じようにサポートをお願いしたあとのノートにこう書かれていました。 人に伝えるって難しいですよね。 伝え方の難しさを感じられる事は素敵です。 ユキセンセイは未だ日々感じています(笑) 伝えると自分も整理出来ることもありますし、後輩に伝えたら自分ももう少し上達しなきゃ! 出来るようにならなきゃ! って向上心も持てると嬉しいですね。 リハーサルは、正面を反対にして行いました。 あやふやだった点は明確に! そして今日のうちにしっかりと叩き込んで帰る。 その繰り返しのリハーサルです。 2ndの子もヘロヘロになりながらも、言われた事を繰り返し練習していました。 3rd の子は、彼女の持ち味でもある明るさとふんわりした空気でリハーサルの場を時に和ませてくれました。(本人はそのつもりはないでしょうけれど) 話し方 を直されていることと同じで 踊りも、しっかりと区切りをつけること。 何をやっているのかわからないのでは、観ている人にも届かず、踊っている自分自身も切り替わなくなります。 意識を持つにも、しっかりと区切って一瞬一瞬を大切に踊りを積み重ねていきましょう。 週末、散々だったJr.の子(笑) びっくりするほど気持ちを切り替えてきていました。 ノートにも「切り替える」と書かれてありましたが、ネガティブな気持ちを引きずらずに自分で切り替えた時の踊りが また最高に良かった!! そう伝えてより、ほかのところにも目が向けられる余裕が出たようです。 Jr.メンバーは、自分が踊ったビデオチェックをし ・良くなっていた点 ・反省点 をそれぞれ言葉にしてもらいました。 【良くなっていた点】 と言われ、言葉を詰まらせてしまった子は反省点から伝えてもらいました。 自分に厳しく生徒にも厳しすぎるYUKIから教わっている子どもたち(笑) だからこそ自分の【良くなった点】にも、時には目を向けて欲しいです。 反省もしそこから逃げず取り組んだ成果にも、目を向けてあげてね。 自分のために。 今日の長時間のレッスンで、明日の意欲もきっと高まったことでしょう♡ また明日 重ねましょ。

お疲れ様♡子どもたち

この後マダムたちも、頑張りましたよ。

子どもたちの奮闘する姿が、マダムたちにしっかりと繋がってるよ

YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #東池袋 #豊島区 #小竹向原 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!