• YUKI

もう一個のHOME


レッスン前に、留守番電話にメッセージが入っていました。 「今日は遅れてしまいます」 と♡ 連絡ありがとう。 到着を待つ間、相方さんはユキセンセイとみっちりエクササイズ。 少しずつ成長している身体に、毎日のストレッチは欠かさず行ってくださいよ!!!? と 気づいてくれ始めてくれたら良いなぁ。 連絡からしばらくして到着した子は、今日は着替えも早くレッスンに参加。 来れた安堵と多少の疲れでテンションが妙に高かったので、バーワークでまずは気持ちを落ち着かせるように導きながら集中スィッチを入れました。 少しずつですが、ユキセンセイも彼女たちの集中スィッチの入れ方を掴んできた気がします。 共に過ごす時間と共に、彼女たちのことを知る時間をいただいております。彼女たちもまた、ユキセンセイにもすっかり慣れて半分、お家のような存在になってくれていたらまた嬉しいです。 【自宅】 とはまた違う環境で、子どもたちが育っていく年齢でもあります。 そんな時期を共にできることを嬉しく思い... ビシバシ! レッスンではしごかれていますよ。 フロアレッスンの姿勢が変わり始めました。 そこで気づけたこと 直せた身体のこと それらの注意を「踊り」の中で呼びかけると反応が変わり始めました。 「そうだ!さっき言われたアレだった」 と カラダの動きが少しずつ変わっています。 少し注意したことも、まだまだ細かい身体の使い方で導くよりは 【比喩表現】 を使って伝えた方が届きます。 その表現注意ののち、わかりやすく子どもたちの動きが変わったところで、ピンポイントでカラダの注意を1つ入れていくと本人たちの中で理解も受け入れもできるように感じました。 ********** 今日小さくも大きな変化がありました。 パの練習の前に 2つのことをお約束。 こことここは気をつけて続けること。 そして回数。(今日はリトルジャンプの時でした) その注意を続けてカラダを動かし続けたら当然後半は、辛くなります。 足が悲鳴をあげるんです。 その時にいつもならその「シンドイ」気持ちに負けてカラダも足も保てませんでした。 今日は違いました。 上がらなくなってきたカラダ でも、言われた注意を守り通して飛び続けました。 1つは「回数」という目標が明確にあったため 「あと何回!」 と彼女たちも頑張りやすかったこともあると思います。 この回数続けていくうちに、数ヶ月後はなんだか前より慣れてきたな♡ と子どもたちが感じられるようになると、また自信に繋がるかしら。 ********** 宿題もささっと終わらせて、イキイキ帰っていく姿は 少したくましさを感じました。 YUKI 

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #東池袋 #小竹向原 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!