• YUKI

Get out の行く末


金曜日の1stさんとPreⅢさん。

頑張り屋さんたちの姿が、当校で話題となっているようです(?)笑 今日も、土曜日からお試しで 「受けさせてください!」 とレッスンに参加してくれました。 申し出てくれたのはママだけど、彼女が無理矢理引っ張られてくるような感じはしません。 ただ まだ目覚めていないかな。

は私もママも感じていたことでした。

【レッスンを受ける】 ってどういうことなのか。 【頑張る】 ってなんなのか。 そこを少しでもくすぐれたら、彼女は目覚める予想はついていました。 レッスン開始まもなく、ユキセンセイに1人外に出されました。

この瞬間はいつも、一か八かの勝負です。

叱られたことで、何かに気付けるのか

もしくはその逆で

パニックに陥り塞ぎ込んでしまうのか

先がわからないこともあります。

今日の場合ももちろん、予想は前者の方ではありました。

子どもたちに 伝える 行動に出る 時は、 それまで観察してからが基本です。 それでも伝えてみなくちゃわからないことも 行動に移してみなくちゃわからないことも 正直山ほどあります。

その後ろには、 子どもたちのことを傷つけてしまう可能性をいつだって秘めています。 それもまるごと承知で、ここにいる子たちには変わってほしい瞬間があります。きます。

どの子にも。 わかってほしいことも 気づいてほしいことも ご家庭でのママたちと同じでしょうね(笑) 特に子どもたちには「この瞬間」を逃せないことがあります。 今だから 今しか 子どもたちには伝わらない瞬間。 今日外に出された子は、泣いた後 即座に「レッスン受けさせてください」と中に入ってきました。 ママが背中を押してくれたこともあるけれど、本人が出されたことで悔しくなかったら泣いて帰っていたでしょう。 どうして外に出されたのか 理由もしっかりと把握していました。 そこから戻った彼女は、正直別人。 心の中では (「もーーー!!できるんじゃないかーーー!!」) を連発のユキセンセイでした。 たまに外にも出てたかな。 誰かが叱られると、他の子達だってモヤっとします。キュッと硬くなってしまいます。 硬くなりすぎると、カラダも気持ちも動けなくなるので、 叱られたことを それぞれがバネに出来るような空気を作り出せたらと思っています。 (この先プロになるのであればまた緊張感は別の話だけどね) 今日はリハーサルよりもレッスンメインで50分。「話を聞かなくちゃ!」 出来ない。 出来たら何より嬉しいよね。 「お友達が出来たら私も!!」 へこたれずに前に前に突進してきておくれ。 1stさんとPreⅢ。 すごく良い集中でしたね。 1日じゃ出来ないこと 一瞬で諦めないこと その熱 貫けたら素敵よ。 YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #東池袋 #豊島区 #小竹向原 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!