• YUKI

個々に伸ばす


元気いーっぱいの1stクラス 今日はお休みの子もいて、ちょっと淋しかったけれど汗ダクダクになりながらレッスンはいつも通り頑張りました。 レッスン開始前に、 自分たちですることが2つ 1、スーパーボールでのウォームアップ 2、マットを敷く この時に「スーパーボールを忘れた」 ことをユキセンセイに伝えたかった子がいました。 でも、どう言えばいいのかまとまっていない様子でした。 一生懸命に 「スーパーボールをしようとしたら、袋に入っていなくて...」 という状況を話してくれました。 ナルホド その状況は伝わったけれど、ユキセンセイに何を伝えたらスッキリするだろう? 貴女は今何に困っているのだろう? 一緒に考えてみました。 ユキセンセイからはヒントとして、 1、袋に入っていなかったことは何と言うべきか ということと 2、スーパーボールはユキセンセイは沢山持っています という2つを伝えました。 まずは 1、スーパーボールを忘れました 言えましたね! それだけでスッキリ 2、スーパーボールを貸してください お見事! 「どうぞ」 これで、自分が今何に困っているから、どう手助けをしてほしいか相手に伝わりますよね。 少しずつ、「伝え方」も学んでいきましょう。 忘れ物は誰にでもあります。 でも忘れたことによって困った と言うことを彼女がわかってくれ始めると次は忘れないのではないかな。 徐々に! バレエの準備も、自分でしてレッスンに来るようになりましょうね。 きっと今はまだ、ママたちがリュックに一式を詰めているのではないでしょうか。 自分のやりたいことの準備は自分でしましょう。 そこで「忘れ物」という経験をたとえばしてしまったら、子どもたち自身の自覚も芽生えてきはじめます。 ********** ストレッチやバーワークでは、1つひとつのことに意識を向けることや頑張ってみることも次第に増えています。 それを、フロアワークでも繋げています。 同じことを繰り返していくバレエで順序に慣れてしまっては単なる流れ作業になりかねません。 しっかりハッキリと ここはこうする! 1つずつ 意識を持てるようにレッスンを進めています。 すごい集中力を要します。 時々頭が疲れて、楽しい気分に自分を切り替えてしまう子もいますが、それも「違うことをしている」と自覚があるなと感じる場合は、もう一度 「ステキスィッチ」 の入った動きを見せてもらえるように導けたらと奮闘中のユキです。 わかっているのですよ。 今これをする時じゃないってね。 聞いてもいる。 そして何より踊りたい気持ちが存分にある(笑) その証拠に踊りになると途端に別人ですからね(笑)それをみたらもっと伸ばしてあげたいなーって欲が出るユキセンセイです。 つまらないかもしれない繰り返しのレッスンも、 「聞いた」「集中」「できた」 の3ステップを踏める楽しさを伝えられたらなと思います。 しかし個々によくよく集中も持続するようになっていることは事実です。一人ひとりのペースで良いんです。 一人ひとりが互いに良き支えとなりながら歩んでくれるようになると嬉しいです。 話は少し戻り、ストレッチを終えて 1、マットを片付け 2、お水を飲み 3、シューズを履く その後に今日!変化が見えた子がいました。 その後にバーの準備をすることの理解はあるけれど、自分から進んで手を出していいのか不安で様子を見たり ユキセンセイに「手伝いましょうか!?」 って聞いてくれて指示を待つ子がいました。 昨日も、シューズをササっと履いたあと(これもすごく早くなりました) 同じように私に聞きかけたところで 「思ったことをやってみて」 と伝えていました。 今日はどうするかな? また聞いてくるかな? そしたらなんて言おうかな なんて考えていたユキセンセイの予想は見事に裏切られました♡ 何も言わずにササ!とバーの準備をしはじめました。 しかも昨日教えたばかりの高さの調整まで自分でし始めて、もうびっくり!! 心踊る嬉しさを感じたユキセンセイです(笑) YUKI 

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #東池袋 #豊島区 #小竹向原 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!