• YUKI

上がれば沈む


【言われて出来たことがあったけれど、それって今どうやって出来たんだろう?って考えた。 そしたら、ここをこうしてた!】 言われたこと以外のことを、自分で広げていくことが苦手な子でした。 中学校ともなれば、ドンドン自分で考え 自分で行動し このためにはどうすれば良いか など展開して考えていくチカラが備わってくる頃です。 現在の情報にあふれてしまっている社会では、なかなか子どもたち自身もそのチカラを自ら備えることは難しいように感じます。 与えられる ありふれている 幸せなことのようですが、そこに浸かってしまえば埋もれてしまいます。 これはあくまで私の考えですので、受け流していただいて結構です。 バレエでは、ゴールというゴールがあるようでありません。 先へと進むには、 自分で考え行動を起こし続ける ことは必須だと思います。 練習においても、リハーサルにおいても センセイの声をカタチにするには その場の理解力と判断力、反応力 まずは理解力 思考力 行動力 忍耐力 バレエですので、「カラダを動かす」ということは同時進行なうえで鍛えていかなくてはならないと思います。 その1つとしても、バレエノートは一旦カラダを動かさずに冷静に振り返る大きな役割があるとおもいます。 そのノートに、自分自身で気づけたこと 見出したこと 発見したこと 感じたこと 聞き取ったこと なんでもいい。 子どもたち自身が吸収しようとする行動を自ら起こしていることが大事だと思います。 そのノートが、レッスンを受ける上で彼女たちのプラスになってる以上は、大事だと思います。 次第に書き留めるよりも脳やカラダに留めて、毎回のレッスンでそのメモリを呼び起こせるようになれるなら最高だと思います。 まずは変化が連日起きているレッスンノート。 踊りも、表情も、表現も変わり始めています。 ********** 1人が上がれば、なかなかうまくいかないね(笑) 別の子が下がる。 これはたまったまなことですが、なぜかよくある事。 1人沈んでいた子がグングンと上がった今日は 久々に上がらなくなった子も居たとか居なかった(?)とか?? 一喝したら目覚めたけれど、 これはダメです。 と、レッスン後に ユキセンセイからレッスン以外のことでの注意をさせてほしい。 と お話しをしました。 1人の子は、 姿勢や態度に関して。しばらくなかったから、たまには出ちゃったことも言われてしまったこともいいことと思います。 もう1人の子は 準備の遅さについて。 学校の都合での遅刻は良しとしています。仕方がないことだからね。 ただ来てからの準備が遅い。 疲れてもいるだろうけど、来たならもう一踏ん張り。 そこはマイペースを貫かず、急ごうとする姿勢も大事なこと。 おそらく彼女たち自身も、そのことが切り替えにもなるのではないかなと思っています。 なんだかまとまりのない日誌でしたね。 また明日 YUKI 

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #東池袋 #豊島区 #バレエ #小竹向原

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!