• YUKI

じわじわ


ストレッチ中に、 「あとちょっと!!」の踏ん張る力を子どもたちが出すことに奮闘しました。 最初は「できない〜」と甘え笑いをしていましたが、 「イヤイヤ!ぜったいに出来るから!!」 と声をかけてそれぞれ奮闘してもらいました。 それでも、(当然なことかもしれませんが) やらなかったり声をあげたり ということはせずに、私の 「いやいや!絶対に出来る!!」 の声に何度も繰り返しチャレンジしていた姿を見て安心しました。 バーワークでは、リハーサルも続くからこそ丁寧に身体を作ることを大切にしています。 これがなくては、踊れません。 しっかりと指で床を押してポジションで立つ それもシューズを履く前に、シューズの中の指がどうなっていたら良いか、自分たちの目でも確認してもらいながらエクササイズをして進みました。 プリエは、ただの屈伸運動ではなく、 どうやって膝を曲げて身体を下ろして上がってくるのか、子どもたちの身体の一部をフォローしつつ行いました。 少しばかり子どもたちの身体の感覚が、フォローしている私の手にも伝わってきていい感じ! センセイの手がなくても感覚を掴んで身につけて行ってくださいね。 バーの途中から、魂が抜けていってしまう子がいました。 ピンときて 「運動会の練習してる?」 と聞くと 頷いていました(笑) やっぱりそうか。 「それじゃ疲れてるね。」 と前置きをしてから 「その疲れバレないようにレッスンするよ!」 と(まさかの)喝を入れられた子は、ヘラヘラっと笑いながらも最後まで頑張っていました。 お尻叩かれ 背中押され 「つかれたなーって思うときは、疲れてないように動く気持ちで疲れも飛ぶんだよ」 と、冗談のような本当の話(気力の話)を、しつつ 褒めたり叩いたり(手をあげるではありません(笑))しながらも、よく乗り切りました。 リハーサルともなれば、やっぱり踊りが楽しいうえに上手になりたい気持ちも持っている子達なので、スィッチが入り安心しました。 逆にさっきまでのヘニャヘニャな身体はどこへいった?と思うほど(笑) 踊りが好きは良いことです。 リハーサルを存分に楽しんでもらいながら、少しずつ 踊るためには 上達のためには どうすればいいのだろう?何が必要? 何が大切?? って本人たちが目覚めていくことが(本来)望ましいのではないかなと見ています。 今をみると もっとやらせたいし もっと上達出来る子達だから 叩きたい 言いたい こともまだまだあるのですが、子どもたちの気持ちの目覚めと共に少しずつ、(時にドバッということもあるかもしれませんが(笑))見る側が気長に「今」のちょっとずつの成長に お尻を叩いて走りたいと思います(笑) 良い感覚を持っている2人 ステキな身体を持っている2人だからこそ 一人ひとりが一人ひとりのペースでいいから、自分で変わりはじめる日を待っていますよ。 じわじわりと 階段をのぼっている2名です。 YUKI 

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #豊島区 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!