• YUKI

頼もしくなった?


このメンバーの中で唯一、今まではあまり「カラダが重たいかな」 と感じることがなかった子の腰回りが、今日は 「アレアレ?」 と感じることがありました。 私は見ていてわかりますが、そのことを本人が理解するにはここから時間がかかると思います。 これは、彼女の体の発育面も影響していることですが、もう一つは彼女自身が最近ようやく 【思い切って動く】 ことに勇気を持ち始めたことも一つ影響していると思います。 一見、やる気がないのかなと思えるほどカラダが引き上がっていかないのですが、子どもたち自身のレッスンへの向き合い方をみれば一目瞭然。 ただし、それをオッケーとはしません。 そういう日をまずは本人が理解していくこと そして そういう日も思い切って動き続けようと気持ちを持ち続けること は伝え続けます。 ここで気持ちが後ろ向きにならなければ、自分自身の[その日]のカラダを徐々に理解していけるはずです。 一方、もうすでに 自分のその日のカラダの変化を理解している子もいます。 後ろ向きになりかけては立て直すこと を繰り返し続けてきた中でさらに気持ちも動きも姿勢も成長し続けています。 今日はイマイチ そんな風に気づいていたはずです。 Vaのリハーサルも1巡目はどの子も重めなカラダ。 動きに対してカラダがあたたまっていないことも 頭の整理がついていないことも 関係していますが、 今の段階のリハーサルでは2巡目からがその子次第だと私は思って見ています。 「昨日言われたことをもう一度整理して出直して」 とだけ言い次に回し続けました。 2巡目以降彼女たちが奮い立たないわけがないから、こういうこともできるようになりました。 しっかりと持ち直した2巡目以降は、さらなる注意を繰り返しリハーサルをしています。 その後小品集のリハーサルは、個人だけの問題ではないことは本人たちがよくわかっている為、今日はグンともう一度切り替えた瞬間が印象的でした。 細かい手直しに、動き以外にも表現を加えながら踊るという新たなチャレンジをJr.クラスは始めています。 それが難しく だからもう一度、次の日に基礎から立て直している子どもたちの意識の高まりを感じる日々です。 好調子が続かなくていい。 ふてくされた顔も 不安な涙もきっと時にはあらわれる。 その時また切り替えの術が身につき、上っていくチャンス。 でもカラダのみならず気持ちや気持ちの立て直しが好調子の時にグイグイ引っ張らせてもらいます。 明日はさらにビュンビュンとばす中で、彼女たちが刺激を受け、高めて上っていってくれる日になるかな... と 毎日が楽しみでならないYUKIです。 ******** リハーサル中の音源の再生や停止も、気づいてどんどん動き始めてくれています。 センセイのサポートまでしていただき本当に感謝です。 (そう仕向けたのは私ですが(笑)気づいて動けるようになった彼女たちの成長に感謝です) レッスン後、発表会に関する全ての音源がどこにあるか伝えました。 何かの時にはここをお願いと。 さらに 「先生が倒れた時は、よろしくね」 ってちょっと冗談を言ってみたら 頼もしい 「はい!!」の返事が返ってきました。(笑) なんとなく複雑な気持ちになった私ではありますが(笑)頼もしくなったな♡ YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #豊島区 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!