• YUKI

紐解くチカラ


今日のレッスンはマダムチームも参加。 春休みタイムに大人の方も合わせていただきました。 2時間のフルワーク+ポアントワークの後に個々のリハーサルを順番に行いました。 Jr.の子の中にしばらく足踏みしていた子が、少しずつ変わり始めたことは以前も記しましたが、マダムチームとのレッスンの中で、自分の気持ちも高められるようになったことにも今日また成長を感じました。 いつもとは違う雰囲気のレッスンも、彼女の中でちょっとずつ楽しめるようになったかな♡と思うような印象を受けたのは彼女の表情とともに身体の力みもいい意味で抜けてきたところからそう感じましたよ。 嬉しい変化でした。 3rdの子は、直前のレッスンとこのレッスンから学んだことをリハーサルに活かせるようにと、少し謎解きリハーサルを行いました。 今日のリハーサルは、どのクラスもサクサクは進まず、ある一定の部分を繰り返しダメ出しを行う。 そしてJr.は何度目かの時に 次の1回は今言われたことにのみ意識を向けて丁寧に踊ること そしてさらにその後の1回はそれを踏まえた上で思い切り踊ること とこちらからオーダーしてリハーサルの時間を高めていく方法を取り入れています。 この繰り返しで、それぞれが次第に 一回一回のリハーサルに対して 課題 目標 を自分で作って向かっていけるようになって欲しいと思います。 マダムチームも、子どもたちのレッスンに混ざるからには! と気持ちを引き締めて参加してくださっています。 この緊張感をJr.の子どもたちは、キャッチし始めてくれています。 前回一緒にレッスンをしたあとの彼女たちのノートには 「大人の方から学ぶ」 と、レッスン姿勢や言われている注意を自分たちにも置き換えてみること と、記している子もいました。 誰かとレッスンを共にしながら、 向き合う姿勢を省みてくれる子どもたちの成長に喜びを感じています。 さて 3rdの子の紐解き謎解きのリハーサルですが、 『鏡を見て向き合う』 向き合い方についてです。 ただ見るのではなくて まずは自分で自分にダメ出しをできるようになることです。 見ているようで見ていない鏡との向き合い方をトコトンくっついて伝えました。 本来のリハーサルの前の段階のリハーサルとも言えるような時間ですが、大切なことです。 レッスン中は何となく見えていても なぜか「踊り」となると細かいところまでは気づけない。 子供らしくていいことです。 でも、それではお遊戯止まりに過ぎません。 振りの確認を何度もするのではなくて、1つ1つのポーズやポジションも高めること。 そして高めるためには 何を直す? それを直すには、たとえばバーのどこで言われたことと同じ? 次のレッスンは、そのためにもどこから気をつける?? 言われてることがなんだか難しいように感じたようで、黙ってうつむいてしまっていました。 「わからないことが恥ずかしいのではなくて、考えてみようと思えないことの方がカッコ悪い」 そう伝えると、彼女の負けず嫌いに火がつき、きっちり解いて帰りました。 言われていることは案外難しくなくて しっかりと考えてみたら簡単に解けたりします。 言われて答えられない恥ずかしさは捨てて、もうワンランク気持ちも向上させていきましょうか。 時間はかかっていい。 ユキセンセイ待ちます。 貴女たちが、真剣に自分で考え行動を起こすことには センセイ手助けしますからね! がんばれ! 女子!! 前向いて進むよ♡ YUKI 

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #豊島区 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!