• YUKI

ぶつかってきて


今日は書き出しているスケジュールを変更させてほしいと先に子どもたちにお願いをしてバーからスタートしました。 8月、発表会が出来ることとなりました。 子どもたちをようやく、【舞台】に立たせてあげられる日が来ます。 お待たせしました。 本当によくこれまで頑張ってきてくれました。 舞台という大きな目標と共に、少しずつ準備を始めさせてください。 そのことを伝えて、バーからフルレッスンを行なった後、今考えているプログラムの準備を少しずつさせてください。 プログラムとしては変更になる可能性もまだ充分にあるけれど、センセイの構成のお手伝いをしてくださいませ。 フルワークを終えて、1つ作品の振付をしてリハーサルへと進みました。 その中で、渡したことは個々に必死に練習し、わからないことは聞いてくれて、確認を取った後はそれぞれ時間が空けば練習を繰り返す姿に発表会を決めて良かったと心底思いました。 部活と並行している子もいるため、まだ予定が未定な子にはたとえ出られなくても練習はしておこう!と声をかけています。 出られるといいね。 今日の必死で楽しそうな姿を見て思ったことです。 その後、Pro-adの子にも今後しばらく練習内容が変わる可能性があることも伝えています。 誰よりもレッスンを積んでいる子たちですので、思いっきり舞台の上で踊らせたい!と思っています。 そのため今日はPro-adの練習時間にもう一つ、やって見せて欲しいことを伝え、振りを渡し1人ずつ踊らせました。 そこで! 少し[弱い自分]が出てしまった子がいました。 振りを確認しなかったがためにあやふやで、自分の番になった時にずっと下を向いて踊っていました。 このクラスのメンバーですからね! 途中で音を止めて、 少々喝を。 昨日から実は少しまた気持ちがコントロールできていないなと感じてもいたので、そのことも含め 自分で気づいていないあまりよくない態度についても、お話ししました。 1回ギャンと叱ったので、悔しさもあってか最初はグッと睨んだような目付きで私の話を聞いていました。 叱り続けたところで、意味がない。 叱られたことを受け入れることほど難しいことも痛いほどわかります。 だからその気持ちもわかることも、先生だってわかることを言葉にした上で どうしてその態度が良くないのか 切り替えてみることで見えてくることもあるからやってみてごらん!と 持ち直させてみました。 変われる! 今の彼女たちなら、多少苦しくても聞き入れてくれる。 そう願いながら、話をして ここではそれも練習する場で ユキセンセイなんだからあやふやなままトライする前に、 いつものように 「センセイちょっと待って!ここわかりません!」 を言ってよね!! ってお願いしたら、出てくる出てくるあやふやなところの質問(笑) 2人とも。 最初から言いなさいよ(笑) と言えば子どもたちもスッキリ笑顔で切り替えました。 波打つ時期です。 いろんな感情が波打つ。 いいんです。 でもそういう自分が出た時に、フツフツと自分の中だけで煮立てているんじゃなくて、先生捕まえてぶつかっておいでなさい。 あなたたちのフツフツを受けるだけの構えは出来ています!! いつでもぶつかっておいで!! 最後にそう言ってレッスン終了。 終わればたわいもない話を私としながらも、丁寧にお掃除もして帰ってくれました。 雪が降る寒さの中でも 誰一人として「レッスンありますか?」 なんて聞いてこない子たちです。 止めなければ当たり前に来る。 来たいから レッスンしたいから。 その気持ちを煮立てず発散して帰ってください。

頭ではわかってる子達です。

ノートを読めばちゃんと言葉にも出来てる。

伝わってるって安心もしていますからね。

先生うるさいけど!

うるさい先生だからぶつかっておいでよ。 YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #豊島区 #バレエ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!