• YUKI

自分のことのように


なにかを達成すると人は成長します。 当たり前のことですが、彼女たちはほんのすこーしそれが違う形でも現れます。 達成したのは、たとえ自分ではなくてもグンと伸びるコトがあります。 お互いにライバルでもあるから、互いの力を力に変える というのともまた少しニュアンスが違うような。 こういうことはなかなか言葉では表せないです。 それぞれにとって (まるで)もう1人の自分 のような存在なのかもしれない と、 思う時があります。 (詳しくは11/7(水)の「達成1」をお読みください)

今日は昨日とはまた別の子が レッスンの最初から、スタジオを後にするまでずっとモチベーションが上がっていました。

もともと熱の注ぎ方も集中力も高いけれど、身体の変化もあって波は他の子よりも早めに見えていました。

昨日までも波があるな〜と、そんな感じでした。

最近では、「そういう時」 どうしたらいいのか ということも考えて、自分自身で変えてみようとしています。 レッスンノートにも、重たい波がきた時の工夫を自分でまとめたりメモしたりしていることが増えました。 当たり前にあることです。 身体も心も波が当たり前にきますからね。大きいか小さいかは別として。 そしてそれくらい敏感でなければ踊れないと思います。 だからいいことです! 「そういう時」 どうするかを考えて学んでいけたら、バレエもより楽しめるし、前も向きやすいハズだと 思春期の子たちには様子をみながらも伝え続けています。 今日はたくましくスッキリした表情をしていました。 とても。 何か一皮向けたかのような 何か脱皮したかのような そんな感じです。 勘違いではなかったようです。 レッスン中の話の聞き方や注意の受け方にはもちろん現れていましたが、そのあと! 夜のクラスの大人の方々に対しても、 講師の先生に対しても、 挨拶の仕方が違いました。 ちゃんとお一人おひとり目を見て、笑顔で 言おうとしてる! まだ、出来てるまではいかないけれど本人が作ろうとしている表情の工夫は伺えました。 まだまだ照れもあるけれど、全然今までとは違いました。 いいと思います!! 嬉しかったです。 思いっきり人前で変な顔も出来る子なのに、日常の会話などは急に照れて 伝える言葉も下手くそだったりする子です。 (下手くそ。綺麗な言葉ではないけれど、本当にそういう部分があります) 考えすぎちゃうんでしょうね。 その子が、 笑顔を作ろうとして一人ひとりにご挨拶をしてる そんな姿を見て嬉しくなりました。 Jr.は仲良しのメンバーです。 でも、仲が良すぎての心配事も大人にはあります。 [それぞれ] それも少しずつ理解している子どもたちです。 そして [それぞれ] を、持ち始めている部分も個々に見えています。 それでも変わらず自分のことのように相手を見てる。 真似したくても出来ない素晴らしさだと 思います。 でも、 [それぞれ] が歩みだしているからこそ、またそれぞれに響く力の連鎖があるのかなと 彼女たちを見ていると思います。 YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #豊島区 #バレエ

最新記事

すべて表示

キモチ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!