• YUKI

喩えが出るとき


小さな小さなバレリーナちゃんと入れ違いに、大きなUpperのお姉さんと大人の生徒さん。 小さなバレリーナちゃんたちも、「はじめまして」のご挨拶をして、大きなお姉さんも自己紹介をしてくれました。 先生はこの瞬間が嬉しく ほっこりします♡ ******* このクラスは、腹筋・内転筋のワークアウトをして、 ストレッチ+バランスの確認 を取り入れました。 立った時のバランスは、床の上だと感じやすいこともありますからね! と取り入れたことが、ヒットした方もいらっしゃいました。 そのままそれをバーにもフロアにも踊りにも活かしてくださいね。 レッスンの最中によく 「こんな風に」 の喩えを入れたり 「極端にあらわすと」 と、してほしいことをオーバーにやってみることがあります。 年齢によって、その喩える内容は当然変わることもありますが、 出来るだけ ・バレエ以外のことに置き換える・言い換える ことが多いです。 バレエのレッスンで、バレエの指摘をするのは当たり前のことです。 でも、受け手にとってはそれがわかりにくく、伝わりにくいことも多いです。 「(ある程度)誰にでもわかりやすい比喩」 を使うことで、生徒さんたちの反応もわかりやすく変化します。 でもこれはもう私の中の指導のクセのようなものにもなっていていて、自分ではあまり意識を持っていませんでした。 今日、久しぶりにレッスンに来てくださった大人生徒さんが、 「わかりやすい!喩えです!」 とヒットしてくださったことや、なるほど!と頷かれた後にググッと変化が見られて改めて気づかされたことでした。 すっかり自分では忘れかけていた指導法を、思い出させて頂いたかのようでした。 たとえば...の 喩えがたくさん私から出るときは、生徒さんの意識と意欲が高いときです。 レベル云々関係なく こうなりたい こうしたい ここがわからない 自分からアピールしなくちゃ伝わらない。 これは、Upperのメンバーにも少し弱いところ。 見て学んでほしいな。 一緒に受ける方のストイックな姿勢をね。 YUKI

#要町 #千川 #千早 #西池袋 #椎名町 #豊島区 #バレエ教室

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!