• YUKI

熱意爆発の先へ


3時間のレッスンの後、打ち合わせと休憩を入れて Pro-adの子達 ここから2時間あまりのVaレッスンを頑張りました。 このクラスを始めて半年。 子どもたちの成長を、一旦「経験」に変えたいと思っていました。 夏を過ぎ、踊りたい気持ちとモチベーションとレベルが爆発しはじめた子がいて(良い意味で)、ママにお話しをさせていただき目標に向かう運びとなりました。 【コンクール】 出場してみましょう。 そこに向かうまでの【経過】もしっかりと積み重ねて欲しいと思います。 コンクールとなると、また練習は別物です。もちろん日々の積み重ねが大切なことは確かですが、それだけでは足りません。 もう一度そこへ向かうためにも、 自分たちのやるべきことはやり バレエに没頭してほしいと思います。 1人の子は、私からのもろもろ条件もあって課題曲は私から提案しました。 でもこれは、踊らせたい!この子がこの曲で別人だったことがずっと心に残っていたからです。 もう1人の子は、いくつかの選択肢から自分で選びました。これまで練習してみたVaの中で、踊ってみたい!と思えたもの・踊らせてみたいと思ったもの の選択肢から最終的に自分が「やってみたいと思う!」 って決断しました。 その意志があまりにも強かったので、なんだか成長を感じると共に嬉しくなりました。 いいと思う! 自分でやりたいことやってみようじゃない! 自分で決めたことに後悔はないから。絶対。 反省はあっても悔いは残らない。 自分たちで、ご家族にもきちんとお話しもして決めたのだから 前に進みますよ! おそらく、今までのVa練習とはまた内容が違います。 細かく細かく やり直し 子どもたちは、今まで以上に強く前を向いています。 おそらくここから先 苦しくなる日もあるでしょう。 でもきっと彼女たちのタフな心と身体なら大丈夫! 引っ張りますね。 ******* レッスンの後はしっかりストレッチとケア。 コンクールという経験を私もしています。その経験が子どもたちのサポートに活かせると思うと嬉しいです。

******* 決してコンクールが全てではありません。

そしてどの子もが経験出来る場ではありません。(少なからず当校では、レッスン量とレベルは必須の上、その子の意思を尊重します。) 彼女たちの「今」をみて、目標の1つとしてベストなのではないかと考えました。 なによりも、本人たちのバレエへの熱意を私が毎日感じさせてもらっています。

当然レベルも伴っての【コンクール】です。

外に出さなきゃ。 そう思いました。 そしてそんな風にバレエへの熱意が爆発する子たちに出会えたことに本当に感謝致しております。 ******* それぞれです。 それぞれのペースで それぞれの子の性格にも合わせて 経験の場を今後も考え歩みたい考えは変わりません。 YUKI

#要町 #千川 #千早 #バレエ教室

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!