• YUKI

映像の選択


土曜日Jr.のレッスン! こちらも学校行事等々重なり、マンツーマンのレッスン。 当校の子どもたちみんな仲が良いにも関わらず、 どの子もマンツーマンレッスンが好きな様子...。 なんでだろうか?? 私はあまりマンツーマン(受ける側)は得意じゃなかったなぁ。。。と。 でも、子どもたちとのマンツーマンレッスンはどの子ともやりたいなぁ〜って思うほど、教える側としては楽しみで楽しいです♡ Pro-ad選抜のJr.のこです。 気力は底知れず持ち合わせております。 相当に 誰よりも弱虫だった子 だったとは今では思えないですし、誰も想像できないと思います(笑) 今日も1人で3時間。 少し動画を観て、踊りの雰囲気や振付を入れてもらったりもしました。今日魅せた映像のバレリーナはオーレリー・デュポンさんの過去のもの。パリ・オペラ座のプリンシパルだった方です。現在同カンパニーのディレクトールです。 観て欲しかったのは、 1、舞台に立った時の存在感と 2、ボディのコントロール 1は、この子がそこを見抜き、持っている存在感に磨きをかけるのではないかという期待 2は、これからの彼女の大きな課題 もう1つ、オーレリーの映像をチョイスしたのは観せる子にこの踊りで学ばせたい点はどこか を考えてアレコレ探して見つけました。 これだ!!と。 踊る人が変われば作品の楽しみ方も変わります。 ですが動画はあまり観すぎず、余韻を楽しむことをお勧めします。

研究する時は、研究部分を明確にしてから観ることをお勧めします。

以下は私の好みでもありますが この作品ではこの人(主役)さんのものを観てほしい! というものがあります。 たとえば くるみの金平糖の精を観るなら やっぱり吉田都さん 可愛く儚いジゼルならアリーナ・コジョカル おそろしく美しいつま先に驚きうっとり酔いしれる白鳥は スヴェトラーナ・ザハロワ そんな風に。 でもこれはあくまでも、私の好みとセンスです。踊る側として学びが詰まっていることも含めのチョイスです。 子どもたちには、1つの作品を踊る事でまた興味を広げ、深く深くそして今だけではなく永遠に掘り下げ研究し学んで欲しいなと思っています。 指先の広げ方 首のかしげ方 足の一歩の出し方次第で、 表現も変わり演技の幅も広がります。 今日の最後のVa練習では、まずは身体が勝手に動くほど振りを叩き込むこと。 足の動き 手の動き 身体のひねり どれが違ってもやり直しの繰り返し。 残念ながら、色々気にしてるとなかなか先へは進まない。 何度前奏で終わったことか 出てきて先へは進めずも、本人もやってしまったー!とそそくさとハケテもう一度の繰り返し。 これぞリハーサルです。 1人でこれだけ繰り返せたら、先はもっと扱き甲斐がありそうです。 ******* レッスンを終えて、さささっと掃除機をかけてくれて、マットを敷いて除菌。 変わったな。 成長したな。 大きくなりました。 見届けることができて感謝です。 YUKI 

#要町 #千川 #千早 #バレエ教室

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!