• YUKI

迷惑じゃない


レッスンの始まりは、足先のトレーニングからスタート。セラバンドをはじめて3カ月の子も中にはいます。少し変化が見え始めました! その調子!! そのあとは、バランストレーニングを今日は取り入れました。 ふむふむ なるほど。イイね! (私の勝手な心の声ですが、今日はまずはお試しです。今後このトレーニングは子どもに継続させようと思えたほど、子どもたちの体幹は強くなってきたなと感じます) ******* 今日から、水曜日のレッスンに参加した子がいました。 バレエがだいっすきな子です。(みんなですけどね) 色んな事情もあって、レッスン回数を増やしたいけれど増やせずに悩んでいました。ご両親も一生懸命、彼女がバレエに通えるようにと合わせてくださっていました。 水曜日はレベルは難しいクラスです。時間も平日ですが2時間です。 そのお話も充分したうえで、彼女のやる気にオーケーサインを出しました。 でも少しだけ気になっていたことは 彼女の中の【背くらべ】です。 誰かより〇〇 誰かみたいになる 年齢的にも、他者が気になり始め、そこからまた自分のことも見え始めてくる頃です。 彼女の場合は少しそれが表に見えにくいけれど、想いは深い気が気になっていました。 高いレベルに身を置くことで、彼女の中の焦りに拍車がかからなければいいけれど...という不安。 的中。 ・周りは自分よりも上手 ・この中で自分が一番下手 ・自分が注意を受けると時間が止まって迷惑をかける こんなことがノートを見ても書かれていることが最近多く目立ちました。 それ自体を私は悪いこととは思いません。 健全な心の持ち主だと思います。周りが見えている証拠です。 大丈夫。 でも、そこにとらわれ過ぎてしまうと上達はできません。 だから 言われたくない気持ちも 色々手に取るようにわかりました。今日は特にね。 さぁ、どこまでこれに答えてくれるだろうか。 みたいんです。 下手くそな彼女を。 ぐちゃぐちゃでも、必死な彼女を。 注意をされたら、自分が上達出来る時間をもらえた!って前向きになれる彼女を。 レッスンに途中では、いつも笑顔の彼女も私の注意の嵐に参ってしまい、顔に出てしまいました。 「ゲ」 って言う顔。 「そっか。それじゃ先生は教えるのはやめるね」 ひどいけれど一旦突き放しました。 そこから後半は声をかけずに見ていました。 ただゲッていう顔は出してはいけませんけど、安心したんです。

彼女の笑顔の裏側がみれてね。

それだけは全員共通です。

******* レッスンが終わって、ササっと逃げ出したい彼女を呼んで叱りました。 あなたは何をしにここへ来てるのか どうしたいのか 上手になる気があるのか まずは伝わるように姿勢を改めてみること。 教わる って言うことは、 下手でいい 注意されなきゃ意味がない そしてそれが決して迷惑なんかじゃないこと わからないから教わる できないから学ぶ 自分が下手だとか 周りの足を引っ張ってるとか そんなことを思う必要は全くない。 そんな風に思うならば余計に、あなた自身のやる気をまずは見せること。 言われたことはやってみること。 そのことを強く伝えました。 ご近所迷惑な大きな声だったら申し訳ございません。 ここに(クラスに)いる以上は、皆平等。 何が平等か? 心構えのお話です。 難しいけれど、もうわかるはず。 彼女なら、大丈夫。 次のレッスンを楽しみにしています。 先生嫌われて万々歳!(涙) あなたが殻を叩き割って飛び出してくれるならば! 出来るよ!! 周りに気を遣いすぎちゃうほどの優しさは、自分を磨けばもっと光るからね。 YUKI 

#要町 #千川 #バレエ教室

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!