• YUKI

教わる先生


元気なPre Class 今日はこのクラスの子どもたちに「お楽しみ」があって、先生はわくわくしていました。 ただ悩んでいたことが、その「お楽しみ」の披露のタイミングでした。 子どもたちの様子を見て、決めよう。 私の場合はいつもそうです。 予定の柱は立てるけれど、あとは子どもたちのその日その時を大事にしています。 柱はこのクラスは3本。 その合間にいろんな事がありますし、 そこを大事にしたいんです。 不思議なもので、 子どもたち、途中気分がのらなくても、電池が切れても レッスンが進まない なんてことはありません。 そこを急かしたり無理させる方が、逆効果です。 なんてことも、バレエを教えるお仕事を頂き始めて15年目にして 心底気付けるようになりました。 年とともに、見えてくることもたくさんあります。 そして経験ですね。 たくさんの子どもたちに出会えたお陰で今があるなと思います。 レッスンの始まりの様子を見て、今日の「お楽しみ」は、レッスンの後半に差し込みを決意しました。 幼稚園も始まって少しお疲れモードの子達でしたが、グダグダまではなさそう。 いつも通りの流れは、今の彼女・彼らなら集中出来る! 大丈夫! 予想通りでした。 少し電池は切れそうでしたが、いつものストレッチにちゃっかり新たなルールまで(決まった数で動く)入ってるのに、さらっと出来ました! そうそう。 知ってるの。 「ちょっとむずかしいぞ」 くらいが集中力も高まるんだよね! ******* バーワークも頑張ったところで、今日の「お楽しみ」のみんなで動画鑑賞♪ ここで子どもたちのワクワクは最高潮! そしてそのまま振付スタートしました。 そうなんです。このクラスが担当する踊りの動画をみてもらいました。 動画は海外のバレエ団のものなので、本当に素晴らしいプロの舞台図です。 当然踊る振付は違いますが、プロのものを観ることで子どもたちの意識は高まったようです。 (観る目も養いたいですよね♡欲深な先生(笑)) その後の振付、実に8小節。 でもこの8小節で、子どもたちの意欲も士気も高まりました。 生き生きして何度も繰り返して 「わかった!」 の理解を口にしてくれる子もいました。 でもすごく面白かった発見! 子どもたちが私の説明の[何]に理解が出来ないのかも気付かせてくれたことがありました。 数の数え方 言い方(読み方)が違うからその数字がなんなのかわからないと、だから先生こう言って欲しい!と 教えてくれました。 なるほどね! 確かに数字もまだ憶えて間もない子どもたちです。 では言い方を統一できるよう、心がけます! 今日は、先生の方がお勉強になった日でした。 しかしながら、 こんなにも振付が楽しそうで... 安心しました♡ また来週が楽しみね♪ YUKI

#要町 #千川 #バレエ教室 #無料体験レッスン

最新記事

すべて表示

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!