良い事・そうでもない


3rd /Jr

すごく嬉しかったことから書きます。

レッスンノートに、それぞれが開校パーティで披露した踊りの感想や、皆で踊った踊りの感想と

こんな機会をくださってありがとう

の言葉まで書いてくれていました。

さらに!嬉しかったことは、Upperの子たちの催し物の準備にまでお礼を書いている子もいました。 

普段、私から言われてばかりのJrの子たちが、ビッシリ喜びを文にしてくれていたのは久しぶりでした。

お客様に披露する機会をこんなにも喜べる彼女たちに感謝です。

先生も頑張ろう。

次の機会を作ろう。

そう思えました。

ありがとう。

嬉しかったことではないことを書きますと...(笑)

フロアワークの途中で、一旦叱らねばならない事があったことです。

あまりグダグダ言いたくもないし、叱りたくもないけれど...

ちょっとこのままワークショップに参加するのはいかがなものでしょうか??

そう思えること、態度もろもろ...

それぞれにみえたからです。

その後のことは、子どもたちにぜひ聞いてください。

ただ、やっぱり反抗期もあるんです。それは全然イイ!そう思います。

でもおかしいことを伝えるのは教師の仕事です。ましてやレッスンにその集中力とモチベーションでは今日の意味がありません。

もうずっと見てきているからそれぞれに思うこともありますからね。

いつも言われやすい子もいます。

でもそれにはやっぱり本人は、つもりはなくても、そう思われてしまうところがあります。もったいない!!

(私もそういうタイプです。情けないことに未だにですよ。きっとね(笑)だから気になっちゃうのかな)

うるさくて嫌だな

またなんで私ばっかり

そう思うのであれば

まずは言われたことを全部やってみる!

言われる前にやってみる!!

そしたら、きっと見えてくる事があるから。

レッスンだけではなく、全てにおいてね。

物事に不平不満を言う前に

言われたことをまずは全部やってみよ!!

私もやってみよう。

YUKI

#要町 #生徒募集

最新記事

すべて表示