• YUKI

ポアントマジック


Jr / 3rd 土曜日のレッスンの後に、大急ぎでポアントのフィッティングに連れて行った子がいます。どうにも、合っていない感じが気になって、ママもお迎えにいらしてたので付き合っていただき行くことが出来ました。 (急にも関わらず、ありがとうございました。) 今日はJrの子はそれぞれ真新しいポアント。 紐やゴム付けも、かなり上手になりました。 1人の子が、少し紐の縫い場所がおかしかったようでレッスン前に「先生見てもらえますか?」と声をかけてくれました。 それで!!! そこからが大笑いで... 3rd の子は履いて見て欲しいポアントがあって、私が履くように伝えました。 あと一人の子... 何を思ったのか、急にポアントを履き始める(笑) えーっと...何か確認かな?? と思いましたが、履かなくちゃ!と思ったわけでもなさそうで、単になんとなく 「新しいから履いた方がいいのかな」 と履いているように見えて笑ってしまいました。 えーっと...(2回目) いや気持ちはわかるけどね... まずは、アップしましょうか。ね!準備をいつも通りしてください。 こういうところがとても幼い子たちです。 いえ、可愛くて良いのですが... ね!言いたいことはそうね。 「今やるべきことはなんでしょー??」 ですね。 嬉しかったのだと思います。 コレは立ちやすい! って思えるポアントに出会えた様子でしたしね。 ではその想いはレッスンの中でみせつけてくださいませ。(レッスン中もしっかりと披露してくれましたよ。何よりも本人がしっくりきているから自信にも繋がっているようでホッとしました♡) さてレッスンでは、「強くなったな」と思わされる瞬間にも遭遇しました。 少し弱気になってオドオドしていた子には、Vaの練習で一旦時間を置きました。この前の1stクラスの子と同じようですが、歩いて出るだけでストップ。 そしてそれを注意するのではなくて... 「やり直し」 をする際に戻る姿勢のダメ出し。 どういうことかというと、そこを改善したい子です。 日頃の歩き方。 ちょこちょーこ伝えてはいましたが、この歩き方はかなり癖になり響いているところ。 そしてまたね(笑)わかりやすいほど、気持ちがオドオドしている時にその歩き方が出ちゃうんです。 まずはそこもひと脱ぎしましょ!そろそろ!! できるんじゃないかな 2ターン目。 勇気を彼女なりに振り絞って出てきたことがわかりました。 「いいよ!じゃもうすこしこうして」 それを繰り返し、戻る時の歩き方も確かに注意して 繰り返し ようやく彼女自身もホッとした笑み。 うん!! それなら大丈夫!! たったコレだけだけど、すごく変わりました。 笑えるってすごいこと。 Jrの子も、やっぱりマメが痛くてポアントワークが少しおぼつかない。 でもやっぱりココは乗り越えなきゃいけないのよね。 「頑張れ!!もしかしたら、人前で踊る時もマメは破れたままかもしれないからね」 その一声で変わる。立つ。 それって凄くタフなことです。 痛いものは痛いですからね(笑) その一言で立てる気力はもうプロ並みです。 また明日が楽しみです♪ YUKI

#要町

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!