• YUKI

文武両道の道標


Upper & 自分を高めたい女性

今日は、久しぶりにUpperのこたちは、ポアントを履きました(ニヤリ).

受験後、ようやく体の感覚を取り戻してきた子もいます。では!!この辺りで「引き上がる」感覚をさらに実感しましょう。

きっと、今の彼女たちならばひらめきがあるはず。そして体の使い方や引き上がりにもヒントは多いはず。

本人たちは「ヒィィィィィィィ」と悲鳴をあげていましたが(笑)

しっかりとワークアウトとエクササイズをして、ポアントを履きバーワークへ移行しました。

最初はビクビクしていたものの、バーの途中から意識もかわり身体も変わりました。

見ていて、問題があるバーワークではなかったのですが、気持ちの問題?で次につながらなくなっている瞬間が多いな〜と見ていました。

「あと、少しの我慢」がどの子も足りない。大人の方も含め。

もうそこまでできていて、なぜにそのあと気が緩む??

自ら次の扉を閉ざしてる。

見ているこちらは、そんな感じでした(笑)。

そこを言葉でツンツンとつついてみたところ、本人も「おっしゃる通り!」と言わんばかりに大笑い。

笑えるなら大丈夫ですね(笑)

そこから!嘘みたいに変化していきました。

私は、魔法使いではありません(笑)ですが、よくないことはよくないと、はっきりと伝えます。

どの子にも。

どの方にも。

これが、彼女たちをグンと持ち上げる鍵です。

なんでも、言えばいいとは思いません。でも、良いことは良い。おかしいことはおかしい。そう伝えずに人の成長はないと思います。

言われる内容によっては、ズンと落ち込むことも沈むこともあるかもしれません。

でも、それでも立ち止まり自分を見直すきっかけになることは確かです。(だから、はっきりと伝えてくれる友人や家族には私自身も感謝しています。)

今日はそのあと、vaの練習まで気づけばポアントで通しました(笑)。

ええ、私が仕組んだ罠です(笑)。

とはいえ、以前よりもポアントで立った時のブレが減ったなと感じました。ここに移転してからの気持ちの落ち着きと、床の良さも正直あるかなとも思います。

バレエのレッスン量は少ない子たちです。でも、本人たちの考えや意志、意識が高い子たちです。バレエの道を今のところ選んでいるわけではありません。それでも、続けていたい彼女たちの意志は強く、レッスンに対する姿勢もとても高いです。

だから、限られた時間にもかかわらず着実に成長していく。

これは紛れもなく本人たちの力です。

彼女たちがいるから、後輩さんもバレエを続けていたいと思える。

文武両道。

そんな道標を作ってくれている子たちです。

YUKI

#体験レッスン募集中 #要町

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!