• YUKI

流されない


金曜日のレッスン。 夕方元気よくスタジオ入り。 挨拶はとても良くなりました。 更衣室から1番に出てきて、1番に黙々とアップをし始めたのは2ndクラスの子でした。 本当に黙々と。 それからやや やや?? いやいやだいぶ時間が経って、ぞろぞろとスタジオ入り。

少し色々慣れてきましたね。 新しいスタジオにも慣れてくれたこと、居心地がいいこと、先生はとても嬉しいです。 が! しかーし!! 1度ここで気持ちを立て直しましょうか!! [ここへは何をするために来ている?] 今日私は待っていました。 昨日お忘れだったノートのこと。 誰かが何か言ってきてくれるかな?? と。 別の紙に書いてきているであろうことはもう充分わかっていました。そういうところで手を抜くような子達じゃありません。

しかしながら前回忘れた時は、承知しました。 もしかしてそうか、忘れたらそうすればいいのね! そう思ってらっしゃる??

いえいえ、子どもたちはどこかで良くないってわかっているはずです。 「ノートを忘れた」ことは伝えるべきではないでしょうか。 それも含めて。 出来事を重ねて叱りたくはなかったのですが...どうにも気になって仕方がない。 今日は雷落とさせてくださいな。 [何をしに来ている?] 仲良しは悪くない。 でも、高め合う仲良しでいてください。 生きていく上で大切なルールに気づいて欲しい ・わかっていることを言わずにスルーすることほど良くないことはない。 ・一人ひとりがまずは自分のために行動すべき。 そのうえで ・一緒にいるなら、気づいていることは声にして伝えるべき。 [何をするために日々ここにいる?] [そしてそれは誰のため??] ここのところ、とにかくスィッチの入りが遅い。実はすごく気になっていました。 でもタイミングを待っていました。 きっとまだ自分たちではこの状態には気づけません。 スィッチの入りが遅いことと、忘れ物のノートと、何も関係なさそうな気がするかもしれませんが、 切り替わってない延長線。そこがすごく気になっています。

忘れたから叱っているわけではありません。

毎日の繰り返し。 レッスンも毎日のように通ってる子たち。慣れたところでなんとなく流れてる。 日々の変化は自分でつけられる大人になりましょう。 日々の刺激は繰り返しの中で受けられるように「今」を越えましょ。 一回引き締め! 私の喝は今回は届いたようです。 彼女たちの良いところは、 「本当に届けば行動に変わること」 嘘がつけません。 つかなくていいって私も言っています。 先生からの指摘に対して、納得がいかないことは心底納得しなくていいと言っています。 だから彼女たちは、私の前でも納得できないときは行動に変化は起きません。 でも一旦「ハイ」と聞き入れてごらんとは伝えています。それでも理解できないことは今しようとしなくていい。そう思います。 ただ 一旦「くっそーーー」と思いながらも聞いてみると、なんだか理解ができることも思い返す余裕もできることも不思議とあるんですよね。 ということで 本日(ようやく) レッスンの前からしっかりと切り替えてくれました。 切り替わると やっぱり周りがみえ始めるんですよね。 動きもテキパキ ・その合間に後輩さんへのフォローも見えました。 ・レッスンでは誰一人として一歩引くことはありませんでした。 ・アンシェヌマンの覚えはよかったです。。。。。 だからさ ずっとその気持ちでやってよ。 お願いしますよ。 (心の声) 明日はどうかな。 きっとこの波の繰り返し。 いつか自分でコントロールできるようになれたら、先生は嬉しいです。 (もうあまり叱るの嫌なんだけどね(笑)叱ったあとの切り替えは大変なんですよ〜(笑)) また明日〜。 YUKI

#体験レッスン募集中 #要町

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!