• YUKI

変わって行くキッカケ


土曜日のレッスン♪ Upper×大人の女性クラス 今日は大人の方中心のクラスでした。(割合いのお話)。そのためまずは、それぞれの身体の癖や悩みをお聞きしながらエクササイズを進めました。 ご自分が悩んでいることと、直すべきところをしっかりと床の上で感じでもらいました。 思っていた感覚と全く違っていた! と一瞬でも感じてもらえることがありました。 その後のバーワークのなかでも数回身体を直すことで、[スゥ〜]っと背中が伸びて引き上がって行く瞬間が見えました。 Upper子も、大人の方と一緒のレッスンで刺激を受けてくれているように思います。まだまだ動き回る大人の方とレッスンすることに慣れないと思いますが、子どもたちの目の前で失敗しても出来なくても、ストイックに動き続ける大人の方とレッスンを共にでき子どもたちの刺激となっていることは確かです。 失敗や注意を受けることが「楽しい!」ことなんだと、私が口で伝えるよりも実感できている気がします。 今日はじめて大人の方と一緒にレッスンを受けていた子も、いつも以上に穏やかな良い表情で前向きにレッスンに取り組んでいました。とても嬉しかった。 心が穏やかなことは、本当に前足を運んでくれる。 そう思います。 その後の3rdとJrのレッスン。 ですが今日は初めて3rdの子のマンツーマンのレッスンでした。少し前までは、彼女が1人でレッスンを受けることに不安があったの私です。ですが、この日誌でも何回か記しましたが... 野上先生のレッスンを10日前に受講して、ガラリと変わりました。本当に見ている私が強い衝撃を受けています。 それだけがきっかけかと思うかもしれませんが、たった1回ですが大きなことです。彼女の中ではきっと(厳しいけれど)YUKI先生のレッスンは安心感に包まれているのだと思います。 (いや、嘘でしょって私も思ってるのですが、実際そのようなんですよね。きびっっしんですけどね。) そんな安心感のあるレッスンから、他の先生のレッスンを受ける緊張感は伝わっていました。 でもきっと、受けてみてホッとした。 案外大丈夫だった。 そんな感じだったのかしら?? と思います。 少し視線が下がり気味な子です。他の子に比べるとサラッと流されてしまうことだって正直なところあります。それもきっと本人もどこかでわかっている気がします。 でもそんなことはなかったんです。 「私には私への注意をしてもらえた」 声をかけてもらえたコトが彼女にとってはとても大きなコトだったのではないのかなと感じます。(あくまでも私の見解) ノートを読んでもそれはなんとなく感じたコトでした。 あれからとても上達をみせてくれています。ほんっとうに見ていて震える瞬間もあるほど。今日もそう。そんな瞬間が時々にある。 こんな感動を彼女から受けられるなんて、先生は本当に幸せです。 最後の最後に、まだまだ甘い部分が疲れと一緒に出てしまいました。 ほんのちょっとだけ「考える」こと。 でもその前に、ステップの意味をしっかりと理解できていなかったところもわかってしまいました。彼女にとっては「あちゃ。。。。」だったでしょうが、先生にとってはわからないままにならなくてよかったなと感じました。 視線があがらなかった子の視線が上がって行く 笑えなかった子の笑顔がレッスンで見られる 先生にとって、こんなにも幸せなことは ないです。 ありがとう。 ステキな週末を♪ YUKI

#要町 #バレエ教室

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!