• YUKI

偏りをなくす


帰り道に子どもたちの背中を見ながら思いました。 みんないいところを持っていて でも その反対も持ち合わせてる。

それを、大人になって行く過程の中で、いろんな経験と共に膨らませて行くんだな〜。 だから成長の余地だらけの子どもたち。そんな風に感じた子どもたちの様子からふと重なりました。 【バレエも同じだ】 長所は活かさないと長所にはなりません。その長所を活かすためにも、バランスも保たなければなりません。 「〇〇だけ」出来ても、バレエにはならない。 〇〇だけ突出していても通用しないこともある。 得意としていたテクニックの練習を積み重ねて行く中で、気付いた時期がありました。 得意はそれだけなら消えない。そう簡単にはなくならない。 でも出来ないことや苦手なことはやらなくちゃ手に出来ない。そして目立ってしまう。 出来ないが目立つと自然と 出来る事は、 ....消されていってしまう。 「人」の成り立ちも同じではないかなと思います。

人も バレエも。

子どもたちも。

今の子どもたちのバレエも。

私が感じていることが重なった帰り道でした。 今日の1年生。 今日は少し自分から「時計」を気にしながら準備をはじめていました。少し進歩!! 結果的には、時間内に準備は間に合わなかったのですが(笑)でも、やるべきことの整理は頭で出来ていることがしっかりと伝わりました。 あとは着替えの時間が短縮出来ればきっと...余裕でお約束している「準備」まで時間内に終わらせることが出来るのではないかなと思います。しばらく様子をみましょう。 バーワークでは、「反対側を自分で動く」ことを続けています。注意力と集中力を彼女の限界まで高めてもらっています。 少しずつ覚えられる事も増えています。 フロアワークでは、正直なところもう「へっとへと」な状態です(笑)。でもそこを踏ん張っているところです。慣れていきましょう! そうすれば、いつのまにかまた出来ることが増えてるのではないかなと彼女をみていて思います。 好きなら貫かなくちゃ! 貫ける力を付けている最中です。 2nd Class 以上 今日は久しぶりにワークアウト&エクササイズの最後に身体の作りのお話をしました。 もちろん!私のすることですので、すんなり話はしません(笑)問いかけながら、考えてもらいながら!です。 3rdやJrの子は、思ったことや考えついたことをポンポン言えるようになってきたなと感じます。2ndの子はもともと自分の考えがブレない頑固なところを持ち合わせていることもあってか(笑)考えては口に出していました。 でもやはり少しずつ少しずつここでも「心」の成長はみえていて、「合ってるかな〜」という気持ちが口を閉ざす場面もみえ始めました。 そこを踏ん張って!言ってみましょう。 言葉が浮かばなければ、ジェスチャーでもなんでも使っても伝えてみて欲しいなって思います。みんなの前でもね。 バーワークも2ndのメンバーにとっては少しレベルが高めの木曜日です。頭もフル回転させながら、ついてきています。徐々にそこから脱出しようとしています。 ついてくることに必死 →私も!! 先輩たちと同じレベルに。 彼女たちの長所はそれぞれ芯が強いこと! ならばその芯をもっと強く揺るがないものへするには、個々に努力も必要になってきます。 つまりは 最初に書いたことに戻ります。 2ndClass だけではありません。 どの子もみんな同じ。 3rdの子は、日頃の姿勢や歩き方、お友達との関わり方についても突かれています。 Jrの子は...視野を広げること。他者の良い面をみて我にかえること。 とても高度になってきました。 レッスン室で技術をみがくには、自分の内面も同時に磨く必要がありますからね。 注意されることが難しかったり厳しくなってくることは、その子の成長の証だと思います。 YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!