• YUKI

芽吹く


金曜日のレッスン。

小さな成長が、たくさん見えた日でした。

今日はレッスンノートを、このメンバーの一番年下の子が配りました。大好きな先輩にフォローしてもらいながら。

先輩も先輩としての配慮の練習です。

帰りしなに、子どもたちは提出したノートを受け取って帰ります。返事をしたノートは、入り口付近に置いてあります。

各々取っていく。

それでもいいのですが、当校では気付いた子がみんなの分を配る。

いつしかそんな風になっていました。

お迎えママが、そうしてくださっていたこと。

それが、子どもたちがそのまま繋いでくれています。

今日、ノートを配るように伝えたのは私です。でも、それは、今の彼女なら何か受け止めてくれるのではないかなと今日のレッスンを見ていて感じたからです。すごく頑張ろうとしています。ただ先生は、用心深いから(笑)このがんばりが続けられるかどうかを見張っております。でも彼女なら、何か一つ任されたことでレッスンでの励みに変わるのではないかな。先輩との関わり方と、周りへの気配りが出来始めたら、彼女自身の行動にももっと自信がつくような気がしています。

また別の子。

ノートの中に、「今までのノートを読み返したら、ずっとつま先の注意を書いていて恥ずかしくなった」と書かれていました。

まず、正直なところ・・・いまだかつて「読み返した」子はいません(笑)。まず、そこに気づきノートしてきた子はいません。知らないところで見ている子はいるかもしれませんが、いや・・・そんなにいないはず。読み返しなさいと叱ることの方が断然多いです。

自分で気づいたからには・・・!?の今日のレッスンを見ていると、ものすごく意識していました。だから、こちらも引っ張れた!!さらにさらにそのつま先が強くなるためのバーワークのポイントを。

すごいな。子どもたちの力。

元気をもらいました。

今日のレッスンもサクサク進みました。

サクサク進めたのは、子どもたちの集中力とやる気の高さのおかげです。少しずつ少しずつ、このクラスの子供達もそれぞれに成長中です。春に向けて、子どもたちの中にも芽吹いている。強さと優しさと。そんなメンバーです。

なかなか動かなかった子どもたちの心も、突然変わり始めました。どうしたのかしら??と、戸惑うほど(笑)でも、先生は知っています。突然ではないことも。兆しが見えていたことも。気持ちが変われば、当然体も変わります。注意している理解もできるし、たとえ難しくても子ども達自身が前向きに捉えられていることがよくよく伝わってくるほどです。

全員です。

だからこういう時は、一人ひとりの目標に合わせた声かけがどんどん生まれてきます。彼女にわかりやすい例えを。彼女に引っかかりそうな言い回しを。こういう時は子ども達との距離感もグッと縮む瞬間です。子ども達の心をキャッチする時間。

こういう時、身震いするほど嬉しい私です。

でもま、こういう時は、暑苦しいほど熱いYUKIティが登場してしまいますね。

子どもたちを見ているとつくづく思います。(大人の方でも同じですよ!!)

体と頭と気持ちが個々に力をつけていき、一気に高まる時期があるなと感じます。でも、結局一番最後に必要なのは、「気持ち」です。強く・太い気持ち。精神面の強さが一気に成長を引っ張り上げます。

揺るがない気持ち。

それはどう鍛えると思いますか??

「信じる気持ち」を鍛えます。

信じる気持ちはどこから生まれると思いますか??

「自分自身の努力」

そして、

「周りの人たちとの関わり」

そこから生まれます。

あくまでも私の見解です。

でも断言したのは、そうだから。

報われない努力はない。そう思います。

そして、

人との関わりは、大きな大きな支えになり、何よりも自分を信じさせてくれます。

子どもたちには、この輪の中での関わりをすごく大切にしてもらいたい思いは、やっぱり変わらない。

だから、関わって関わって、強くしなやかに育っていってね。

YUKI


最新記事

すべて表示

1歳の差

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!