• YUKI

等身大の自分


今朝も寒さが厳しく、外は雪景色。 前回のことがあるので少しヒヤヒヤしましたが、今日は無事にレッスンも開講できホッとした帰り道です。

2ndクラス以上のレッスンです。年齢やレベルでクラス分けをしています。まだ1stクラスの子もこのクラスを受けています。できれば...昇級してほしいと思っています。

「頑張り方」が少しずつ少しずつ、わかってきたように感じています。そしてノートにも変化がありますよ。今このクラスの中で感じることや気づけることが増えてきたんだなと感じます。 ではまずは! ノートに書いたことは、しっかりと実行出来るように進みましょう。 何か1つでも、スィッチが入ったり思いついたり気付いたりするとき!が、子どもたちの切り替わりのタイミング!!引っ張りますよ〜先生も♡ 少しずつ少しずつ、1歩進んでは2歩さがり、3歩進んで2歩下がりしながら進んできた子どもたち。(あれ!?それって前に進んでいます??(笑))

でも、続けて続けてきた甲斐あってバレエらしい動きに近付いてきた気が今日は特にしましたよ。

頭も心も一気に動かし始めた彼女たち!この勢いが止まらずに歩いて欲しいですね。 ノートするというのは、とても大切です。頭で描いていても、整理がついたつもりでいても、見えていない部分はとても多いのです。書き出すことで、また思い起こしたり新たなことが見出せることもあります。 でも何よりも、「それを誰かに見せる」(子どもたちの場合は私にみせる)ことが大切ですね。見てもらうことで自分自身の気持ちも、再確認し明確になり、ハッキリと現実的なっていきます。でもこれも!何度も何度も何度も塗り直しの積み重ねですね。 子どもたちの変化は、もちろん態度でも目の色でもわかります。でも、文字でも文でもハッキリとわかります。 そういう時の子どもたちは、どの子も真っ直ぐです。迷いなく真っ直ぐに素直な自分を出してくれるからです。 人って、そうだと思います。

整理がつけば、真っ直ぐに進めます。 ありのままって凄い力を持ってるんだと、子どもたちから私が学んだことの1つです。 だからどれも 大切にしていきたい。 素直じゃない子どもたちも、そんな時間も大切にしながら受け止めながら、子どもたちに素直な先生でありたいと思います。

PS

後輩さんが奮闘すると、先輩が頑張るんです(笑) それ!すごくイイ!!! また明日♡ YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!