• YUKI

コツコツコツコツ


本当に少しずつの積み重ねで子どもたちが上達していきます。きっと、どんなことでも同じなんだと思うけれど...。 小さな小さな前進は、実は1人ひとりにとってとても大変なことも多くあります。 たとえば、もともとの身体の素質というものもバレエは関係します。それを活かすのも先生次第であり、受け取り努力が出来るかは子ども次第だと思います。 直ぐには変えられないことも、柔軟性や筋力と共に出来ることも増えて行くので時間も必要です。 ただ、今日はとてもとても嬉しい前進。

小さな小さな前進が、教師として奮い立つほど嬉しくて嬉しくてたまらない出来事がレッスン中に幾度もありました。 多分きっと地味すぎる一人一人の前進です。でもその前進は、またその子の未来を大きく広げてくれることでもあります。 「出来る」と思って指導していても、その子の動きや身体の成長が見えにくい時は私自身も「原因はなんだろうか」といろんな角度から考え直してみたり、悩んでみたり...を繰り返します。 ただ最終的には子どもたちにめげずに伝え続けることしか出来ません。 あとは子どもたち次第。 ふと気づけば、注意をした後に子どもたちに向けて必ず付け加えていることがあります。 「あとは、諦めないこと」 でもこれは子どもたちに向けながら私自身にも言い聞かせているのかもしれませんね。指導者として「慌てない!焦らない!!諦めない!!!」と(笑)。 生徒と一心同体とまでは言えないけれど、そんな風に歩めている気がするのは、子どもたちの頑張りのおかげです。 2クラス目では、フロアワークでも一人ひとりにアドバイスが送れるように子どもたちが変化しました。つまり!一回一回のアンシェヌマンでそれぞれが何かを考えて動いていることがわかり始めているということです。 すごく些細なことでも、すごくすごく小さな変化でも、その子にとっても私にとってもとても大きなことです。 コツコツは、本当に力になっていくね。 そう信じているけれど、結果を急ぎたい気持ちもわかります。

でもやっぱり、コツコツコツコツ伝えてきたことを、

子どもたちがコツコツコツコツ必死に通ってレッスンを積み重ねてきた成果がひとりひとり見え始めている気がします。 子どもたちがコツコツコツコツの裏には お母さんたちもコツコツコツコツ。 見守ってくださるおかげです。 ありがとう。

今日の1stクラスで、感動したことがあります。 前回ひたすらひたすら頑張ったことを、今日忘れずにできたこと! これって当たり前じゃないです。 そして今までの彼女だったら、出来ていなかったと思います。 しかも、堂々と自信を持って出来ていたから、その先に「ウッ」て行き詰まりそうなことがあっても、私の一言で頑張り続けることが出来ました。 そんな彼女をみていると、少し前までモヤモヤしていたのは嘘みたいで...なんというか...あの頃の心配はなんだったのかなーって思うほどです。 「自分で自分のことはすること」 彼女の今の大きな課題。 身の回りのことは当たり前に 考えることも 覚えることも 自分のことが1つ自分で出来始めると、また意欲が増しますからね。 次なる自立目標は「リボン結び」と「時計」(レッスン開始時間が時計を見てわかるようになること) お母さんどうぞ、一緒に歩んであげてください。

次のクラスでは、最近また一段と人が変わったかのように頑張っている子がいます。 「上手になりたい」 多分それだけ。 でも、この裏に必要な出来る限りの努力を今まで以上にやり始めたな〜(にやり♡)と先生は感じています。早く来て黙々と準備もし始めました。 「お友達と一緒ももちろん素敵。でもバレエは自分の中で譲れないものならば、切り替えなさいね。」 というお話は以前からみんなにしていました。 やるかやらないかは!!自分次第。 でもこの一歩を踏み出す勇気があれば、人は変わります。 当然この子も、大きく変化。そしてもともと綺麗な脚だけど、とても努力が必要な脚。これが今まで伸びきらなかった膝がスッキリと伸び始めました。 ずっと私も悩んでました。彼女のレッスン中の頑張りは見えるのになんでだ??どうしてだ??って。

ただ私にはわかります。今までとは大きく違うこと。ストレッチもエクササイズも、かなり頭も気持ちも使ってること。そして彼女自身がそのことがわかり始めたんだと思います。 だから

「少しでも早くきてレッスン前の準備をする」

「上手になりたいから」そしてわかることが面白いから!! じゃないかな♡

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!