• YUKI

ハッとする力


中学生は、二学期最後の試験前ですね!!しっかりとお勉強も頑張ってね。

月曜日に、1stクラスの子にも同じようなお話をしたのです。でも、これは1stクラスの子に向けることと同時に、スタジオ脇で準備をしていた先輩たちにも届くように伝えました。

バレエは、「好き」だから習うこと。

でも、学校の宿題や学校のお勉強はとっても大切で当たり前にしなくてはならないこと。どんなに嫌でも。どんなに苦手でも。とびっきりに良い点をとるとかそういうことではないのですよ。どんなに不平不満を唱えても、やらなくてはならないことはありますからね。大人になっても同じです。まずは、やらねばならないことをやった上で、好きなことに没頭してください。好きなことに没頭したければ・・・

やるしかないね♡宿題も、試験も、学校行事も。生きる力をつける上でも、全部大事なことだと私は思います。今になってそう思えるだけですけれどね(笑)

そして、お勉強をするということ、脳を動かすことはバレエを習う上でもとても大切なことですからね。

今日のポアントクラスは、最終的に「準備の不足」を考えてみましょうか。

ということを投げかけることとなりました。

やむを得ない事情(例えば学校とか、電車の遅延とかね)でない限り、寒くなってきましたし体も大人になってきていますし・・・何よりも週に4、5回もレッスンに通っている子どもたちですから、「どういう身体の状態が踊る上でベストなのか」を宿題にしています。

【ポアントを履いて踊る】

今年の発表会の前にもひたすら言われていた「踊る前にどうすることで体を整えるか」ということを少し思い出してもらいました。その時それで終わりではなくて、しっかりと繋げていかなくては意味がありませんよ。繋げて進めることこそが学ぶ力ですよ。

と、少々子どもたちには耳が痛いお話だったと思います。しかも、私が穏やかに話している時は、要注意ですよね♡もうわかっているはず!!だからこそすでに、明日からの変身ぶりを楽しみにしています。

すでに、言われた直後から「ハッ」と気づき動き始めましたものね!!それでいい。それの繰り返しだよ。そして、みんなが気づくために先生がいますから。

とりわけ、レッスンの受け方が問題とかそんなことではもうありません。(当たり前ーーー!!)

でも、レッスン前のアップはかなり足りていない様子。そして体がやっぱり冷え切ってしまっていて温まるのにも時間がかかっているなと思えたから伝えました。ポアントでVaを踊る。学校が早めに終わるこの曜日ですから、できるのではないかな??と思っています。無理なのであれば、言ってくるよう伝えています。

しかしながら、突いたこととは別に・・・Jrクラスの子どもたちがグングン大人になってきたなと感じます。それはメンタル面。私への話し方、周りへの配慮や姿勢含めてです。とりわけそういったことが得意じゃない子も、少しずつお友達の受け答えなどを見て、自分自身も変わろうとしている様子が見受けられます。

こういう時は、大きな声で叱りません。

本人たちが気付き始めているからです。

もう叫ばなくても、今の段階ではよく響くはずです。

人の何倍も叱られて、しつこい私にツンツン突かれて、悔しい思いも「なんでなんで??」な思いもたくさんすでにしている子もいます。

でも、やっぱりね!!

伝わってるね!!

伝わると信じて私は言います。

その時は、先走ってしまっているのかなと思うことも私自身もあります。

けれど・・・

子どもたちの成長が少しずつ見えていくこの時の流れをたまらなく嬉しく感じてしまいます。

ありがとさん♡

YUKI


最新記事

すべて表示

鳥肌