• YUKI

自立って?


広辞苑第五版によると

【自立】・・・他の援助や支配を受けず自分の力で身を立てること。ひとりだち。

と書かれています。

今日は1stクラスの子と目標をお話ししました。

バレエの内容、スキルの目標と

バレエをする上での目標。

2個目は、

《自分で準備をすること》

当たり前のようですが、今日その子とお話ししたことは以下。

①レッスンの曜日を確認

②レッスンに必要なものを確認

③レッスンの前の方が曜日を確認

④③になったら②の物を全てリュックに入れること。

ここで終わりではありませんよ!!レッスンから帰宅したらどうする??

その子に聞いたところ、きちんとやるべきことはわかっていました♡

*洗い物を全て、洗濯へ出すこと!!

そこまでは必ず自分でやること!!

他の1stクラスや2ndクラスの子どもたちもこれを全て出来ているかな??

まずは、バレエに関する全てのことを

自分ですること。

年齢が上がってくれば、たとえばポアントの紐付け、衣裳のサイズ合わせのムシも自分たちでします。

そして、

徐々に責任や自覚のもと行動をすること

最終的には

自分自身で自分の道を決め、しっかりと歩くこと。

自分自身で考え、行動ができるようになってほしいと考えています。

その上で、周りを「頼る」のではなく、お互いに「協力」できる力も生まれると私は考えています。

今後も1人ずつに合わせて

目標はそのつど更新して進んで参ります。

レッスンの前にそんなお話をして、少し気持ちもピンとなった彼女は、今日はとても良い集中力と、とても良い表情でレッスンが出来たなと思います。

こういう時は、切り替えるキッカケなど提示しなくても大丈夫。

出来なかったことは次回へ!!

しっかりと繋いで歩んでいきましょうね。

続いて3rd以上のクラス

今日は月曜日ですので、セラバンドとスーパーボールを使って内腿(内転筋)のワークアウトを中心に行いました。

バーレッスンでは、

ストレッチ箇所の重要性

身体の動かし方

引き上げ方

を個々に伝えています。

個々に伝えることは、「自分のこと」も多くありますね!身体のクセの話など、その子にしか関係ないようにも思えるかもしれませんが、よくよく聴いてみて

・自分はそうなっていないか

と振り返る

・自分のクセはなんだっけ

と置き換える

少しずつ子どもたちの中で振り返り・置き換えることが出来始めているように思います。

もう一つは、骨の名前や筋肉の名称を敢えて出して説明を加えています。細かくではありません。いくつかではあります。特に脊柱については「ここ」ではなく「部位の名前」を出して注意や説明をしています。たった数箇所ですが、それでも覚えようとしなければ、忘れてしまうことです。子どもたちは名称と部分が合致してきたなと感じます。「ココ」という説明よりも、きちんと場所が把握でき、身体の引き上がり方や、使い方にも良い方向に変化が生じています。

学術的な知識は子どもたちのバレエの成長をサポートしてくれます。年齢と共にこちらも学んでいきましょうね。

それぞれがペース良く上達している今秋です。

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!