• YUKI

水曜レッスン②


続けて3rdクラス

このクラスも、水曜日の特別レッスンは今日で最後でした。

夏休みを通して、一番精神的に辛かったのはこのクラスかもしれません。叱ることもうんと増え、褒められることはぐっと減り、なかなか良しはもらえず、通常は拗ねてしまうこともわかっています。ですが、そこでも一度ぐっと飲み込み一度素直に受け入れてくれたら、この子たちは変わるのではないかと・・・。どの子もそうですがそう思い接しています。ここは変えられません。なぜならポアントを履く準備中ですからね。履いてから先を越えられるかどうかは、今のこの時期にかかっています。心身ともにです。

今日は、夏にたくさん叱られた分(笑)秋からそれを自分自身に向けて励んでほしいなと思い、「やり方」をもう一度伝えました。

「何をすればいいのか」わかっていないのではないかな・・・

ずっとそう思い見ていて、子どもたちにも問いかけ続けてはみましたが、「もう一度教えてください」とか「何をすればいいですか」は一向にたずねてきてはくれず(笑)・・・

それも一つ引っかかり続けたことでした。もう一つは月曜日に面談をして、子どもたちの目を見て話し、気づいたことも多くあったからです。ストレッチのことだけではなくて、私の言っていることが伝わっていないのであれば、進む前にもう一度やり直してみようと思いました。

「一緒にやる」ことで少しでも彼女たち自身の心の安定にも繋がりそうだなと感じ、1時間をかけてストレッチ・ワークアウト・を後ろで張り付いてやりました(笑)

先生が怖いだけではなくて、このメンバーは少し甘えん坊です。そう思います。優しいことも確かなんですけどね(笑)ならば甘やかしてみようと思いました(笑)と、褒めちぎったり撫でたりするのではありませんよ。面談の後ですから、少しは気持ちも穏やかに受け入れてくれるのではないかなと・・・実践してみて身を以て知ってもらえたらとも思いました。

子どもたちの体にも心にも浸透してくれたのでは・・・と思います。

(本来なら、このストレッチの時間もレッスン時間と別に設けたいところなのですが、今はまだできなくてごめんね。)

今後も家でのストレッチは必要不可欠です。今日の頑張った後の体の感覚を思い出して継続できたらな・・・。そう願います。

残り30分はバーレッスンはプリエとタンジュのみで今日のレッスンはおしまい。

でも少し、トゲトゲしていた子どもたちの気持ちが柔らかくなったことは確かです。叱られてばかりいた理由と現実が少し見えたでしょうか。トゲトゲを落とす術をズーーーーッと考えていたけれど私自身もなかなか彼女たちに合った方法がなかなか見当たらず、初心に戻ってみました。

もしかすると子どもたちの夢をぶち壊してしまうかもしれませんが・・・

夢に夢を見ていても夢は現実にはなりません。

目標をしっかりと定めたら、そこに向かってしっかりと進んでほしいなと思います。バレエの時間と家でのストレッチの時間以外は、たっくさん夢も見て、お友達とも笑って喧嘩して、はしゃいでくださいね。

先生もバレエの時間以外は、くだらないことばかりやって笑い倒れているような人間です(笑)

何事も切り替えだね♡

少し、彼女たちがやるべきことを実感し、継続してくれたらな・・・・と再び書きますが(笑)

長い目で見守っています。

最後のクラスは・・・

Upper×Jrクラス

90分のレッスン+90分のポアントワーク

90分のフルレッスンも、夏休みの間に確実にレベルアップしたクラスです。

バーレッスンはもちろんですが、フロアワークでのアンシェヌマンは徐々にレベルを上げています。言葉では表現できかねますが、「継続」の力を「実力」に変えているなと子どもたちを見ていて感じるメンバーです。バーを離せば、確実に実力が見えてしまいます。支えは自分の軸足のみです。その軸がとても強くなったなと感じるアダジオでは、ぶれない軸と引き上がりと重心の置き換えそして日頃のストレッチのおかげで足の高さにも変化が現れ始めました。諦めずにめげずに続けて欲しいと思います。

継続は力なりって本当です。

次のポアントクラスでは、ウォーミングアップを行い、9月からのこのクラスの課題を一人ずつに渡しました。

再びの「ヴァリエーション」レッスンです。

今回は、4人それぞれに課題のVaを。それぞれの目標に合わせて・・・そして私からそれぞれに「今」だからこそ学んで欲しいポイントを決めて当ててみました。中にはレベルをかなり上げている子もいます。これには「無理難題」ではなく、自分自身にチャレンジすることでレベルアップを望んで欲しいなと思います。

基礎的なことや、当たり前に気をつけなくてはいけないことはレッスンでやるべきだということ。

そのことはすでに個々に理解し積んでいるレッスンです。そのレッスンではまた一つ行き詰まってしまいがちなところや見えにくい部分、気づけない部分、も踊ることでたくさん見えてくることは間違いありません。レッスンは当たり前でレッスンが好きな子どもたちです。ですからここからもう一段階意識も改革!!

踊るためのレッスンでもたくさん学んでもらいたいと思います。

通常、「踊りたい」が先で、「レッスンは大事なんだよ」と諭すことが多いのですが(笑)彼女たちは反対ですね。

全員踊りから学び、踊りから楽しさを純粋に感じて、自信にもつなげてもらえたらと思っています。

どれくらいの期間、かかるかはわかりませんが自分に与えられた役だと思い没頭してもらえたらなと思います。

今までの自分とはまたちがう自分に、役柄を通して出会えることも期待しています♡

また明日。

************************

レッスンの後に今日は少し時間があったので、Upperクラスの子にポアントの加工方法を少しだけ。。。

必ず自分の足にあったポアントが見つかるとは限りませんからね。しっかり立って踊れるようになったら、少しずつ自分の足に合った方法を見出していくことも必要です。

いざという時に役立ちますよ。

例えば、急にいつも履いているポアントが廃盤になったり、入手に時間がかかって他のもので代用しなくてはならないことも・・・ね。ありますからね。

子どもたちは、びっくりした目で覗き込み興味津々でした。私のグニョングニョンの通称スリッパポアント(笑)にもシンデレラのように代わる代わる足を入れてみて楽しんでいました(笑)

可愛い時間をありがとね。

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!