• YUKI

胸を張って


随分と気温が下がり、雨が続いています。体調を崩したり、調子が狂いやすく、怪我にもつながる恐れがあるのでどうぞご注意を。Jrクラスの子も、足の筋肉が途中で張ってしまっていました。急な気温の変化で、血流がいつもより鈍くなっていたのかもしれません。少しだけさするようにマッサージをして温めたところ、張りはなくなり痛みはなくなったようでした。

これから冬にかけての季節の変わり目には、子どもたち個々のウォームアップをもう一度確認し直す必要性を感じました。

今日はJr×Upperクラスでは、

【自宅でのワークアウト】のプログラムを決めました。個々にどうやらストレッチだけではなく、ワークアウトもやっている様子。何をどれくらいやるべきか冬休みまで続けられるプログラムを決めました。量を増やせばいいわけではありませんからね。

その中で子どもたちとお約束したことは

何か少しでもやり方に疑問を抱いたり、他のパーツに力が入ってしまったりした時は必ず聞くこと。

続けることにもちろん意味がありますが、正しく続けられなければ成果に繋がりませんからね。

次回はもう一度

【ストレッチ方法とプログラム】の確認のし直しも必要だなと思いました。

このクラスの1つ下の3rdクラスの子どもたちは、どうやらストレッチを自宅で続けられていない子もいる様子。そして、やるべきことがあやふやでわからなくなってしまっているんだなと思います。(言われた時にメモしていれば、忘れないのですが...!?)そのツメの甘さを今日のレッスンでも(またしてもではありますが)投げかけられています。

あまり、厳しく言い続けたくないのですが(笑)このクラスの子どもたちの足にもポアントを履かせたいです。そのためにも、夏の終わりまでにもう一皮向けてくれたらな...と思っています。

今日は、「何のためにこれをするのか」。バーレッスンの流れは決まっています。そしてその1つ1つが動きへの準備でもあり、次へと繋がっています。単純にどんな動きをすべきかは、動きの名前の意味がわかればわかるはず。それもずっと言い続けていることですので、子どもたち自身もわかっているべきことです。

単に動けばいいのではなく、「どんな動き」をするか「何が必要」で「何に繋がっていく」のか...いま練習しているVaからも気付いていけるようになってくれると嬉しいです。

言われた次の日まで気を付けられることが増えたのだから、その集中力と緊張感をもう少し自分自身でも持ち続けられるようになると彼女たちの背中が一気に変わってくるのではないかなと思います。

次のJr×Upperクラスは来週まで90分+90分のポアントワークでのクラスです。

このクラスの子どもは、同じようなことを言われていては先へは進めません。このクラスではもう1つ先へ。自分で繋げて自分で導いていく力を養っています。

今日もバーレッスンで行なった動きの中で、アンシェヌマンやポアントワークで使えなければ動きに繋がらないことが何度も発生しました。

今日は英語で言うなれば「接続詞」のような役割をするパ。しっかりとそれが使えなければ次のパへも繋がらないうえにポジションもポーズも動きも単純に言えば崩れる・失敗することを子どもたちは「成功」することで気付いてくれました。

「出来た」ことで「出来ていない」原因がわかる。気付く。

だから出来ない時は、まずはそのポイントを見直してみることで動きの質やバランス・テクニックの成功率をが上げられることになります。

バレエは競技ではないので、上記のように書くと何だか違和感を感じてしまう方も多いと思います。

ですが、美しさを際立たせるためにも安定した軸、動き、バランス、テクニックは必要なことでもあります。

この夏に彼女たちに選んだ目標は「テクニックの強化」です。

この中目標に向かうことで、彼女たちに見直すきっかけとなったことはやはり「基礎」的なことばかりなのではないかなと思います。

しっかりとした身体になってきたと思います。

回を重ねるごとに180分があっという間です。最初は90分のポアントワークは子どもたちにとってフラフラヘトヘトな様子でした。今日は、Jrの子どもたちは初のポアントでのイタリアンフェッテにもチャレンジし、思いの外出来ている姿が見れてホッとしました。

今日からそれぞれのレベルで個々に3日間、ワークショップに参加させていただいています。私も明日と土曜日は引率させていただきますので、レッスンをお休みとさせていただきました。

今回の機会は、子どもたち全員に与えられたことではありません。今回参加には至らなかった子どもたちには理由を説明し、個々に次への目標に繋げてもらっています。

また、参加させていただく子どもたちは、しっかりと前を向いて笑顔で受けてきて欲しいと思います。

子どもたちにとって私より怖い先生はいないでしょうから(笑)ぜひ楽しんできてほしいです。

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!