• YUKI

人として


暑さがじわじわ戻った1日でしたね。

金曜日のレッスン。

昨日から引き続きの1stクラスのレッスンは、今日も集中力が高くてイキイキしていました。昨日言われたことを、もう一度今日も繰り返し復習。問いかけたことにもしっかりと理解があり、安心しました。

驚いたことは、昨日最後に少しだけしたプチ振付を憶えていたこと!

ええ...今日までのレッスンの流れでは、先生は正直期待していませんでした(笑)それでもいいさ!と「繰り返し」の大切さをを教える上でも企画したプチ振付。

踊りだと...気分は違うのね!!(T ^ T)

それでもその中で、学んでもらう事はたくさん。

先輩さんは、引き続き1つずつ「キレイ」に踊る(動く)こと。ポジションに入っていなければやり直しと繰り返し。足だけではなく手もポジションにしっかりと入れて、動くたびに崩れない事。

後輩さんは、動く方向と言葉を今日は学びました。

「斜め前」「ジグザグ」進む。

どういう事か、しっかりと言葉と動くを合致させてもらいました。

私から子どもたちに学ばせたいことは勿論ですが、子どもたちの動きや理解をみて学ばせることも増えることが、教えていて面白いことです。

大人が予想していること、感じていること、見ていることを時に覆されるから、先生でいられると私はそう思います。

でも、だから教えなくてはならないこともたくさんあります。

そして、子どもたち自身も成長と共に自分自身で理解したり、切り替えたり、時に変えたり、していくことも出てくると思います。

準3rd以上のクラスでは、昨日ものすごく厳しいことを言われて、気持ちを一新してきたUpperの子がいました。

「絶対憶える」

それだけではなく、伸びた背筋と目の色が本人の気持ちを物語っていました。今日の集中力を継続していけば、彼女は変わっていくなと思えました。バレエの上達も、人として成長もしていくとなと感じました。

気持ちが変われば、注意の響き方ももう1つ変化していきます。バーレッスンでした注意をセンターレッスンで同じことに意識を持って使うように、声をかけた瞬間、身体が反応する。これはたまたまじゃありません。

受け入れ方の違い。

今回の彼女の場合は、気持ちを本気で入れ替えなくちゃと危機感を持ったこと。

叱られたことや受けた注意に対して、理屈抜きに受け止めたからだと思います。

昨日、今日、同じような日誌になってしまいごめんなさい。

夏休みです。

子どもたちにはグッと成長をしてもらいたい時期ですので、子どもたちには少々うるさく伝えます。

今、私の目にうつっている子どもたちの様子。

気になること

直してほしいこと

考えてほしいこと

今日は最後に私から伝えています。

みんなはこれから先、どうやったら上手になっていくか?

ヒントは

どういう人に憧れるだろうか?

どういう人が素敵だなっておもうのだろうか?

どういう人が美しく踊れる人なんだろうか?

そしてもう1つ

レッスン中以外の姿勢は大丈夫でしょうか?

・行き帰りの電車で、きちんと周囲を見て乗り降りしているでしょうか?

・横並びになって道を歩いていませんか?

・自分たち以外の人たちのこと見えていますか??

・「ご挨拶」がカタチになっていませんか?

・目上の方のお話は、姿勢を正して聞けていますか?

子どもたちには問いかけています。

もう一度振り返って気付いてほしいと思います。

理解していってもらいたいと思います。

少しずつ行動も大人へと成長して欲しいと思います。その気持ちが、また上達へ導いていくのではないでしょうか。

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!