• YUKI

立て直しをどこで


途中雨が降り、ほんの少し涼しくなりましたが暑い1日でしたね。 小さな小さなクラスから一転(笑)夕方からはいつものポアントクラス。 夏休みは、このクラスもレッスン時間を延ばし、1時間半のフルレッスンの後、1時間半のポアントクラスを行います。...そんな時間を取ることが出来るなんて、嬉しくて仕方がなく私はわくわくしています❤︎ 暑い夏、体力をしっかりとつけてレッスン乗り切りましょうね。 まずはきちんと食事 しっかり睡眠 そして お勉強は午前中に、必ずしてからレッスンにきてくださいね❤︎ と子どもたちにはお約束済みです☺︎ 前回・前々回と、【身体の中心線】を考えてもらい、さらに2週続けて身体の伸びる矢印を上下に考えてもらいました。 押して↓伸びる↑ 動きが伴い、動きが早くなったり複雑になった時に意識出来るかどうか?? 子どもたちにたずねてみました。 答えは「ノー」。 (よかった(笑)心の中の私の感想) 動きが伴うと「順番」「つまさき」「ポジション」€&#%$€などなど...頭の中はまだまだ他のことに意識が向いているはずです。 そこで今日は、 立っている時 始まりと終わりのポジションで まずは考えること。自分の立ち姿勢で【押して↓伸びる】を気にして立て直すこと。 子どもたちにはバーレッスンで1つ取り入れてもらいました。 バーレッスンの最初では終わりのポジションの長さはいつもより長くとり、なるべく自分で自分の姿勢を立て直してもらったうえで、私からの直しを入れ進めました。 でも、レッスンが進むに連れて子どもたち自身の身体が温まるにつれて、言わずとも自分たちでしっかりと意識を持ち始めてくれました。その意識が出来上がってきたからこそ繋がっていくこと、できること、注意もさらにそれぞれに増えましたよ。

何よりも、ルルベでのバランスの伸びがとてもよくしっかりととれている子もいました。

その伸びを使ってポアントへ!!

上への動きの伸びが良くなってきた子どもたち。その分目立ってきたのは、プリエの仕方・降り方。バーを持っていたら気をつけられたことも放すと目立つこと。さらにさらにバーを持っていたアームスのポジションやブレ。続けているヴァリエーションからの抜粋練習では当然目立ちました。子どもたちには、ここでもう一つ今日のポイントを向けて自分で考えてもらいました。

【動きのどこで、自分の体を立て直せるだろうか。中心を整え直せるだろうか】

動いている中でも必ず見出せるポイントはあるはず。

まだまだたくさん練習の余地ありそうですね!!

長く同じ踊りを続けていると、時に飽きたり時に行き詰まったり、他の踊りを踊ってみたくなったりすることは当たり前にあるはずです。少しずつとはいえ、もう二ヶ月続けている1曲の踊りを抜粋しながら毎回続けています。でも、この練習法で見出せることは山ほどあるはず。そして私自身も、子どもたちが成長していくから1曲をずっと抜粋し続け、その都度焦点を変えられることの不思議さと喜びを感じています。

夏休みは、きっとまた一段と成長してくれると思っています。

そのためには、しっかりと自分を保って進みましょうね。

また明日♫

YUKI


​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!