• YUKI

踊ります!の大事な一歩


子どもたちの面白さ急上昇中の木曜日1st

いえいえ

子どもたちはかなり真剣!

真面目で一生懸命から繰り出す子どもたちの【味】がとても面白味を感じてしまう

おかしなユキセンセイとのレッスン。

今日の1枚目の写真コラージュは、またしてもそんな場面を抜き取られていました。しかも、すでにコラージュされてカメラマンママが送ってくださいました(笑)参った!!








*********

この写真は、フロアワークで子どもたちに注意をしていた最中のもの。

パの練習をして

→はける

までを行っていた時のはけ方(走り方)を注意していました。

パの練習をしている時とは別人のように

ヘナヘナヘナっとして見える走り方。

1人の子が「昨日のクラスで何を言われた?」

と注意を受けたことから

走ったり

歩いたり

ポーズをすることはなぜ大切か?

というお話に繋がりました。

お姉さんたちも、踊りの練習をする時に

「歩いて出るところ」

でレッスンが終わっちゃうくらい何度もやり直しをさせられるんです。

歩いて出てくる出方が大事。

それはなぜだろう?なぜ大事なんだろう??

子どもたちにはわかりやすく

どっちの走り方の人の踊りをみたいか?

という質問を身体で表現して見せました。

どちらが見たいか

はすぐにわかったみたいです。

ここがこうだったから見たいとか

身体の意識のことをたくさん掴んで投げかけてくれましたね。(はなまる)

では質問に戻りましょう。それがなぜ大事?

準備をしていた3rdの先輩に、ポーンと飛ばしてみました(笑)

さすが先輩さん

しっかりと答えてくれましたよ。

「私が今から踊りますを伝えるため」

そうです。

みてください!の最初の一歩から大事なんです。

踊る前に必ずと言っていいほど

歩いたり

走ったりして出て行きポーズをします。

その瞬間、観る人には伝わるということです。

終わった後も同じこと。

舞台から姿が消える最後まで、観てもらってお客様にハートを届けられるようにしなくちゃね。

そして先輩さんが答えてくれたことで、この後の子どもたちの意欲も高まった気がしました。


*********

今日はところどころで

「なぜそれが大事?」

の質問を投げかけました。

1stさんになってからは特に、バーワークに移行するときの時間はユキセンセイ待ちません。

子どもたちがセンセイのタイミングに合わせられるように努力することを取り入れています。

かなりのマイペースちゃんたちも、徐々にこのペースに自分たちから間に合わせる工夫をしています。

ただどうしても、ペースが変わらない子もいます。

毎回間に合わない。

いえ

間に合うんです。きっと。

でも色々細かい準備が気になったり、他のことに気を取られて間に合わなかったりしています。

「ではなぜ間に合わせる必要がある?」

答えはルールだから

というのも1つ。時間に合わせるというのは大事なことです。

もう一つは、間に合わなければ次のターンに切り替わるまで参加できません。

ということは、参加できなかった分、上達につながらなくなるということです。

「上手になりたい」ならば大事な準備。

取り組み方次第できっとできるはずです。

********************

後もう一つ

注意を受けると、

「また言われた」

「ユキセンセイ怒ってる」

そこでココロがクラッシュしてしまう。

中身が聞き取れないと上達にも繋がらないよ。

毎度ユキセンセイの声かけに

大きな目がさらに大きくなって込み上げてきてしまう涙を必死で止める子もおります。

だからその前になんとか彼女は、返事をしたい!

とユキセンセイの質問に被せ技も持つ強者です。(笑)

彼女は決してココロが弱いわけじゃないんです。

とりわけ強すぎる負けず嫌いが、そうさせちゃう。

だから涙が出ちゃうんじゃないかな。

あとは経験!

大丈夫!

涙なんて出ないくらいきっと彼女の持ってる負けず嫌いにココロが追いつく日は来ると思います。

後数年後!?

***********

とても珍しくおやすみの子もいました。最近張り切ってバレエも頑張っていたし、

学校の疲れや気候の変動も関係しているでしょう。

ゆっくり休んで、元気をチャージしてください。

みんな待ってます。

YUKI




最新記事

すべて表示