• YUKI

「貴女」のために繋ぐ

レッスンはエクササイズからスタート。

継続しているセラバンドのつま先エクササイズも、自分で「何に意識を向けるか」

という部分を抜かず注力し続けることで、動いている時

立っている時にも

着々と変化が見られています。

ときどーき、意識が途絶えてしまう時は

「ココをこうでしょ」という声かけではなく

「今何に意識を向けるときか」

という声かけで、自分の集中を取り戻してもらっている子もいます。

あとはその時間が自分で長く保てるといいですね。

何度も日誌でも書いていますが、この2人の身体は本当に《宝》。

それを活かすかは自分の意識の持続次第だと

ユキセンセイは思います。

最近では、背中へのアプローチも加えています。これがとても繋がって来た!

とはまだ言えませんが、《意識》の部分には繋がって来ていると思います。

継続あるのみ。

もうほんっとうにコツコツ続けて、絶えず意識をし続けて身体を作るしかない時です。

だからその意識も、できる限り『ユキセンセイに言われる前に』する事を一つ「目標」に決めたことは特に!!

自分で。

身体に記憶させる事を増やしていきましょう。

今日もフロアワークでは

一つ気をつけたら

一つ前に気をつけられていたことが放れいってる

またそれを言われたらその前のことが放れていく(笑)

その繰り返しに子どもたち自身も「あじゃ、本当だ」

と笑ってしまっていましたけれど、笑いながらでも

「言われたこと」の意識の行く末に自分たちで気づけていることもまた成長です。

今日ココを忘れてた

だったら次はそれを目標に!

そんな風にポジティブに(引き続き)向かっていってください。

【今日の目標】

もそれぞれに、前回のレッスンで気づいたことや反省点から導き出していましたからね。

(だから!レッスンでそれは!自分で意識を続けるのですよ〜。しつこいけど)

***********

踊りは随分とダイナミックに動けるようにもなって来ました。前半部分は、体力も少しついてきて伸びやレッスンの中で言われた注意も意識しているなーと見えるようにもなっています。

今日は、あと少しの後半の振付をしました。今回はほぼ対照的な動きが多いのですが...

ここで学びポイント

・1つの動きの説明を受けて繰り返される場合、相手の説明の時から聞き逃さないこと

・(ユキ)センセイが前に立って一緒に動いている時は、まずは自分がしっかり動くこと(頭の整理〜の動き、端折って動かないこと)

※これは姿勢の面でも、自分の記憶のためにもぜっっったいに大切なことです!

「貴女」のために、前に立って動いている人がいるならば「貴女」はそれ以上に一生懸命に動く必要性があるという事を決して忘れないでください。

***********

「貴女」のために

今日ウエストベルトを忘れていた子がいました。正直大したことじゃないかもしれません。

でも!?

センセイはその事を聞いていませんでした。

目に見えて忘れていることはわかること。

言ったら怒られるから言わない

はどうでしょうか??

ということで

言わないから叱られました。

結局、言っても言わなくても叱られるかもしれませんけれど、「忘れました」は言いましょう。

レッスンでのルールとしてウエストベルトが着用になっていますよ。

「忘れた」ことも伝えずにレッスンを受け続けることで結局困るのは誰でしょうか?

そしてこういう些細なことで、人と人との信頼や信用は無くなっていきます。

そっちを強く子どもたちには伝えたい。

今自分が「やってしまったー」ということは認めましょう。

そして伝えましょう。

忘れ物ではないけれど、先週相方さんも別の件で「信頼」の面で大切な事をユキセンセイからお話しされています。

単純に言えば

問われてお返事がないまま

だった

という事です。

もしも何か聞かれて

すぐに答えられない

まだ迷っている・悩んでいる

などあったら、まずは「もう少し時間をください」

と答えて、その人との間を繋ぎましょうね。

誤魔化しても

その場を凌いでも

結局それは自分のところに何十倍にもなって戻ってきてしまうことだってあります。

それはその時気付いても遅いこともあるかもしれないからね。

人(貴女)と人(ユキセンセイ)の繋がりの中で

レッスンは成り立っています。

そしてそのレッスンは誰のためのものでしょう。

YUKI



最新記事

すべて表示