• YUKI

視野の広さ

面白い木曜1st

一人ひとりの長所や意識が見え始めましたよ。

夏休み。少しいつもより気持ちにも余裕があるかな。

その分のパワーをレッスンに繋げられていたことをまずはいっぱい感じることができました。

今日からSummer Timeで1stも時間をいつもより20分延長の70分!

じっくりじっくり時間をかけて、ユキセンセイもいつもはバタバタと伝えたいことを放って切り上げていた事も、落ち着いて伝えられたかなと感じています。

今日は子どもたちの背中がいつもよりも、ピンと張って綺麗でした。

バーワークは、じっくり考えながら動いたことがフロアワークでグンとその良さを発揮した子もいて正直驚きました。

さっきまで、ワナワナしているように見えていた動きはどこへやら!?(笑)と、

まるで別人のようでした。

【バー】という支えがあることで、きっと彼女は無意識に「頭」の整理・回転に重みをおいているのかもしれませんね。

でもそこで吸収したことを、フロアワークのなかで身体に活かせるなんて素晴らしい。

支えが無いことで、頼れるのは自分の身体のみ!

ということを本能で感じ取っているのかもしれません。

バーワークで、じっくり頭の中を整理していたことがよくわかって嬉しかったです。

子どもたちの感覚はすごいなぁ

って思った瞬間でした。

フロアワークで、今日はいつもより時間をかけていろんなステップに取り組むことができました。

その中で

【準備】の意識や

【レッスン】を受ける姿勢も

また新たに学んでくれたら嬉しいなと思っているSummer Timeです。

たとえば

【準備】は、動きの前にプレパレーションがあること。

これも今はポーズを取って待つことや

アームスを動かして示すことが多いのですが、それにも少しずつ変化があることもじわじわと伝えたいなと思っています。

また

ユキセンセイが説明や注意をして、何度も繰り返し練習をする時!

一旦動き終わっておしまいじゃないこと。

「もう一回」のコールがあったら、準備の位置に

「急いで戻ってくる」

こと。

これも大事な意思表示です。

「私やる気があります!」

って伝わることです。

そして「今からやるよ」っていう時には、自分からすすんで前に出てくることをこの夏、待ち構えています。

いろんな顔ぶれが先頭を切ってくれたらいいな〜。

少しさかのぼって

バーワークの「記憶」トレーニングでは、昨日のレベルアップ1stでも行ったことを取り入れてみました。

まずはやってみる

次にもう一度ユキセンセイの動きを見る

そこでどこが違うか、「違いに気づく」

ということです。

視覚で取り入れたこと

それによって感じた違いを

まずは動きでアウトプット出来ることが大切!

そしてそれをさらに言葉にするのは、身体で捉えたことを頭の中で再認識と整理をして「記憶」を深めていくため。

この繰り返しで、「わからない」判断にも繋げていきましょう。

先程一年の学年差が言葉のアウトプットにやや関係する

と書きましたが、

それもある。

でも!

とりわけ、「言葉」でアウトプットすることによって理解に繋がりやすい子もいます。

その子にとっては、今まだ繋がっていない行動にも繋がるのでは?と

期待しちゃうユキセンセイです。

おまけ

こう記した子は1人。

このクラスにいます。

彼女は、視野が相当広い。

観察し続けてそう感じています。

他の子が気づかないこと

気づけないことに気づく。

これは才能です。

今日も、バーの準備までの間に、動きが多いな〜とみていましたが、

「そんなところまで気づいていたのか」

と思うことがたくさんありました。

そして気になったら行動に移っちゃうんですよね。

なるほど!

その視野の広さによって、レッスンでは焦点が合いにくいことも

単純に一点集中も今まではし難かったのでしょう。

でもバレエが好きな彼女なら、きっと「切り替えて」集中する瞬間もこれからたくさんでき始めるでしょう。

そして彼女の視野の広さがやがて、彼女の特大の長所となるのではないかなと思います。

そこまで見届けられたら嬉しいな。

YUKI



最新記事

すべて表示