• YUKI

葛藤を越えてみて


学校に好きなバレエに、少し忙しさもあるかもしれませんが、ぜひこの時にひと踏ん張りしてください。

今日はレッスンの流れを先に伝えていました。

体幹トレーニング

バーワーク

パの練習

Vaと新しく加わった部分の確認

そしてもう一つ

ストレッチ

をして帰す。

そうすれば、帰宅後スムーズに休めると思ってのことでしたが、

ストレッチまでは時間内には到達できませんでした。

(次回はここまで進もう!)

********

バーワークの際に、バーエクササイズで新しく増えていることの確認を入れました。

このことには実は今までの復習と応用が入っているのですが...

復習の時点でどうしても言葉の把握(フランス語の把握)があやふやだったことが1つありました。

得意や不得意は人ですから、みんなあると思います。

でも!何度も同じことが出てくる中で、

間違えたり

忘れていたこと

がわかることは大切です。

「違った」

と言うことを今のうちに頭にも身体にも理解し直す意識を持ちましょう。

(土曜日以降にまた何度もでてきますよ。その時は、言葉だけで動きが結びつくようにしていてほしいな)

********

パの練習

では、一つ一つの精度を高める練習をしている最中です。

今日は特にバーに向かって(つかまって)の練習でしたから、一つをしっかりパの意味そのもの(動きそのもの)に近づけるように意識を持って行ってもらいました。

この時に、やる気に火がつき「こうだった」「こうしなきゃ」と奮い立ってくれる強さもしぶとさのようなものも見せてくれる子もいました!!

進歩!!

あっと間違えたり

「そうじゃない」とユキセンセイに言われる注意にすら、動きを止めずに全力で動き続け始めてくれて

「絶対にこうしなきゃ」というような気概が見られてとっっっても嬉しかったです。

動き続ける

中で掴んでいく事がたくさんのバレエです。

ただ動き続ける中で、自分自身で

わかる

わからない

を理解していくことは大事です。

********

この話は前回のJrとの合同レッスンの日にも感じたことでした。

改めて彼女たちに

「なぜ「わからない」を見つけて、聞かなきゃいけないのかわかる?」

という事を聞いてみました。

どちらもよくわかっていて、安心しましたよ!!

理由が1つでも2つでもわかっているのならあとは行動です。

まずちょっとでもあやふやな事は自分で聞かなくちゃもったいない。

そして厳しいようだけど、「教えてくれる」「やってくれる」「待っていればどうにかなる」

という気持ちは無しですよ。

という事もお話ししています。

極端な例え話だけど

お家で待っていれば、ご飯が出てくる

というのは守られている証拠で、これが実は当たり前ではないことでもあることも少し知ってください。

そんな温かな日常から一歩外へ飛び出しますよ。

自分から自分のために

動き出すことがまず大切です。

自分のことは最低限自分でする・やってみることが大切。

(ご飯の支度をしなさいと言っているわけではないです。でも、自分のお茶碗を出したり、片付けをすることはできますね。(ここは余談))

話は戻って

学びたい

上達したい

気持ちがあるなら待っていてはダメだとユキセンセイは思うんです。

それが周りと息を合わせて踊る【責任】にも自然と繋がっていくはずです。

そこまでもしも今理解が出来ないのであれば、まずは自分のために自分でできることを行動に移すことをしましょう。

それが出来始めるときっと自然と周りのことも、もっと見えてくるでしょう。

そしてやがて気になったことは行動できるようになり、もしかすると周りのために、人のためになる事も出てくるかもしれませんからね。

まずは自分のために!

「わからない」は些細なことでもいいこと。

そして

自分の上達のために

動いて動いて

「わからない」を見つけてください。

********

余談2ですが

自分のために行動しようと

動き出し始めると、たしかに些細なことにも気になり始めている子もいます。

その子が《気配り》の芽をすでに持っている

ということもあるとは思いますが、今まで以上に周りへの視野も広がったなと感じるので記します。

Jrのお姉さんたちとの合同レッスンだった日

レッスンが終わったあとに「どうやったら自分もやめていいのか」やめ時がわからなくなってスタジオにいた相方さんが気になっていました。

そこで「一緒にストレッチをしようよ」と声をかけたらどう?

と私から提案するとスッキリした表情で声をかけてくれていました。

言われて

ではあっても「そうすればいいんだ」ということを知る事も必要ですものね。

余談3

互いに良さがあるんです。それも先に書いておきます。


練習をしなきゃと思い込んでいるけれど、自分じゃなにをしたらいいかわからなくて

でもユキセンセイには聞けなくて

お姉さんたちは自主練しているし

でなんとなくスタジオに居続けた子の葛藤もわかります。

そしてその子の「なんとかしなきゃ」は「上手になりたい」行動の一つである事もわかります。そして一生懸命な彼女の、いい面でもありとっても不器用な面でもありますね(笑)

その子の今の殻破りの課題の一つですね。(聞けたらいいんだけど...なんですけれど、ユキセンセイはなんとかこれを待ちたいと思って観察したり突いたりしております)


聞けたらスッキリして切り替えられるようにもなるかな〜...とも思っているのはユキセンセイの考えです。

********

まだまだ彼女たちの最近の変化や


今の彼女たち自身のココロの葛藤や課題はここでは書けないほど日々見られています。

そこから本当に【次回】に繋げている強さと

それぞれにちょっとずつちょっとずつ成長や勇気を見せてくれていることは声を大にして伝えたいことです。


心身共に成長していく大切な時期

子どもたちも日々葛藤中。

そんな彼女たちの些細な一歩を見逃さないように歩みたいなと思っています。

と言いつつ、厳しいユキセンセイには変わりないところが頑固ね。。。。

YUKI





​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!