• YUKI

自分への理解の一歩かな

来週の木・金はカレンダーのままお休みです。

それが「残念だな・・・」と思ってしまうほど、子どもたちの気持ちとレベルが上がっています。


レベルアップ1st


バーワークのエクササイズは、少しずつ数を増やせています。

何度やってもできなかったとしてもめげることもなく出来るまで貫くようになりました。


音が鳴っている間は、ユキセンセイの声も【耳でキャッチ】し、身体はしっかりと止まらず動き続けていく中で子どもたち自身が掴み取るかのような場面も、今日はとても多くみられました。


前回進級についてお話ししたことが、プラスになっているのかなとも思いますが、このメンバーは特にそれだけにあらず。


本当にバレエが好きな気持ちが、塊となって飛んでくることがあります。

そのことを感じる瞬間というのは、この仲間同士のパワーを互いに感じて受けて放つ時が最も多いのです。

そしてこういう瞬間は、メンバー全員の身体・神経・気持ちのフルスィッチが点灯しています。

皆、フルパワーでオン。


こういう時

舞台でこのパワーを放たせたいな〜って思うのですよね。


それってすごいことです。


人前に立つという度胸も、しっかりとついてきているからこそ思えることです。



ただ、まぁオフになった途端の開放感も、子どもらしく放つ子たちなので、正直他のクラスや他のメンバーよりもユキセンセイの警告音はよく鳴ります。

そこがまたいいとこかな・・・



*********

度胸がついてきたところで、一人ひとりへの「注意」を伝えることも増えています。性格に加えて、少し苦手なことも新たに見えてきたこともあります。


やっぱり、堂々とやって見せてくれるからこそ、新たな気付きからの注意や目標は生まれるものだなと痛感しました。

一生懸命

を見せてくれるって、センセイにとっても子どもたちにとってもプラスなことです。



とても印象に残っているのは、どうしても「反対」という動きに身体が反応しにくいという子がいました。

頭の中での反転作業がまだうまくいかないのですよね。大丈夫。慣れていきます!

でも、少し時間はかかるかなと思います。

そこで、その子には直接伝えました。伝えたことで今後、意識をして励んでくれるだろうと思ったからです。


こういうところが行き詰まってしまいやすい

少しだけ苦手なのかもしれない。


だけど、それは悪いことじゃなくて、

「こういう時は、ここをたくさん練習していこう」

というふうに伝えました。


「苦手」なんていうワードを使うと、ネガティブだなとお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが上達の上でも、自分をポジティブに今後保っていくためにも、「苦手かな」「うまくできないことがある」ということをしっかりと受け止めることは大切なことです。

受け止めた上で、「そうかじゃぁこういう時は、こうすればいいんだね」という方法を知る・また知るために励むということはすごく大切です。


人にはそれぞれ

「なんでかうまくいかない」ことっていうこともあって当然なこと。

そのことを知るための第一歩かもしれませんね。



ちょっと高度な注意かな〜と感じましたが、彼女に言うのを止めようとは思いませんでした。彼女だからこそ、伝えてみたい。そう思いました。


あまりにも一生懸命だったから。


すぐにわからなくていいんです。

きっと他の子たちにも、いろんな場面で様々な形で出てくるのではないかなと思っています。(もう出てますけどね・・・まだ言っていないと言うこともあります)



これからが楽しみです



********


あの人はいいなとか

「これが出来るから」


きっと遅かれ早かれ「他者」への興味から自分との照らし合わせをする日が来ると思います。


あの子だから出来るとか

そう言う気持ちね。


だけど

なんでも上手に出来る人がいたとすれば、きっとその人は「自分のことを理解しながら」努力をしているのだとユキセンセイは思います。


いつかそんなお話も・・・する日がきそうな予感 Girlsです


YUKI




​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!