• YUKI

空間と広がり

今日は時間を繰り上げてPreⅠのレッスンを行いました。

休日の貴重なお時間を、バレエの時間に割いてくださって本当にありがとうございました。

**********

今日は賑やかでした。

しばらくお休みしていた子が復帰♪

バレエを楽しみにしてくれていたことは、レッスンが始まると同時に伝わりました。

また少しずつ慣れていってね!

とは言いつつも「久しぶり」の感じも見られず、お話もしっかり聞いて行動して理解してくれていましたよ。緊張で舌はずっとペロペロ出ていましたが(笑)

それもまた本人の集中しようとしての行動ではないかなと思います。

徐々に舌がお口の中にとどまりますように。(噛んじゃうと大変だからね(笑))

**********

今日のレッスンの中での成長と今後の流れ

①宿題だった「言葉」と「五感表現」

食べた事もない食べ物を連想してくれていて、表情もとても上手に表せていました。

ここから【言葉】の合図で表現出来るように合致させていきます。

本当に些細なエクササイズではありますが、

自分の【感情】と【表情】を合致させることにも繋がっていくと思います。

日常生活でも子どもたちの【表情】がなるべくたくさん出てくるように、見守りながらママたちも沢山の表情を見せてあげてくださいね。

特に笑顔は、子どもも大人も幸せになれる最高の表情で

互いに安心感も生まれる最高の表現の一つではないかな

と私は思います。

日常生活で、ほんのひととき

意識して笑う時間を作ってみてはいかがでしょうか。

②ジャンプのお約束にバレエ用語が増えました♪

スラスラとお約束を言ってくれるようになった彼女たち。

今日はこのお約束の言葉がフランス語(バレエ用語)に変わりました。

こんな風に少しずつバレエで使う用語も増えていくと、きっと子どもたちのバレエへの意識も高まっていくと思います。

③ 自分を中心とした空間概念を取り入れながら

バレエでは自分が「どこを向いて立っているか」

「どこへ向かっていくか」

「どこを拠点に動くか」

などなど

空間把握が必要になっていきます。

このクラスでは、空間概念の理解に慣れていきましょう

という取り組みを始めていきます。

「理解しましょう」ではありません。

自分を中心としてまた

他のものを対象として

上下・前後・左右

に【どのように動くか】という動きの幅も広げていきます。

発達における空間概念の理解の大体の年齢は以下と言われています。

上下 (大体3、4歳)

前後 (大体5、6歳)

左右 (大体6、7歳)

レッスンの中で、言葉が増えて参りますが

今すぐわかってほしいわけではないこともあることを記しておきます。

この取り組みによって

立つ位置

並ぶ感覚

動き方の統一

と共に

場所

空間の把握や視野の広がり

にも繋げて欲しいと思います。

※言葉も同時に使いながら進めます。

**********

最後に人数が増えたことで、戸惑いも緊張もある子もいると思いますが、バレエへの興味と共に

学びや

お約束も

重ねながら子どもたちと共に歩んで参ります。

YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!