• YUKI

点と点が1本の線に

レッスン前は黙々と、エクササイズをしながら準備をしています。

夏休みということもありますが、時間も大体30分前にはスタジオ入りして、バーの組み立てから身体の準備を着々と行えるようになりました。

準備に時間をかけられると、【気持ちを整える】事もできますからね。落ち着いたり、リラックスする事も大事です。

ココロのどこかに『余白』を作っておく事は、厳しいレッスンでは必要なことだと思います。

**********

体幹トレーニング

【骨盤の位置を確認すること】

これが課題です。

まだまだこれから骨盤の形は、変化していきます。

まずは自分の自分の骨盤の骨格や位置を知り、正しい向き(配置)で姿勢を保てるようになりましょう。

オンラインレッスンの際にお姉さんたちとお勉強した【身体の骨格】も、きっと実践を積み重ねていく中でこの先振り返り戻れる日も来ると思います。

今はスタジオで、自分の身体と気持ちとしっかり向き合ってエクササイズやトレーニングも進めていきましょうね。

**********

背中の意識とつま先の意識が、トレーニングとバーワーク、そしてフロアワークとVaで彼女たちの中で繋がっていくようにと説明や注意も入れています。

今日は、その点たちが線で結ばれたのではないかなと思う子もいました。

一回一回の注意で言われている注意が、自分たちの中で繋がってくると身体の意識の働きかけも変わってきます。

バーワークでは、「いやいやもっとだよ!」

という注意に一瞬めげそうになった子たちですが強く注意を受けた分、

気持ちを立て直し

その意識もいつもよりもすごく目に見えてわかりました。

写真からも感じ取ってもらえたら嬉しいです。

先輩さんは、3rdの子たちほどレッスン回数は踏めていないけれど、今とても良い調子で彼女のペースを掴めてきている感じがします。

それが彼女の良さでもあります。

心の中ではみんなと同じようにレッスンもしていたい気持ちももしかしたらあるかもしれません!

ですが、彼女が今できる中で出来るだけ一定のペースでレッスンを踏み、身体も頭も(彼女の場合は、気持ちというよりは頭の中の思い出し)良い調子を保て始めていますよ。

それも後輩さんたちの頑張っている姿が励みになっているのではないかなと感じます。

**********

Vaでは、今日から一つ一つの精度を高めていくレッスンへと移りました。

Vaだから特別な注意があるわけではなく、注意点はレッスンの中で言われたことと同じことです。

ただ《振付の中で》

さっきのレッスンの時と

同じポーズ

同じポジションで何を言われたか

ということを(まずは)自分たちで意識して注意することが大切です。

Vaになるから全てが変わってしまわないことです。

そして、もう一つ

躍る前にいつも数分時間を渡します。

この時は《振りの確認》をするのではなくて

振りの中のポーズやポジション、パの練習を鏡と向き合ってやってみる

こと!

自分で自分の姿を見て、

「これは綺麗かな?」

「もっとこうかな?」

と感じることも少しずつ始めましょう。

その中で「もっとこうしたいな」

と思った事は、次のレッスンの時にユキセンセイからきっと注意も受ける内容に入っているはずのことだから、聞き逃さず、見落とさず、直されたら身体でキャッチをして積み重ねていきましょうね。

自分と向き合いながら

ユキセンセイと共に高めていってくれたら嬉しいです。

厳しいレッスンの中よくよく最後まで黙々と続けられるようになりました。

身体のケアは絶対に大切なので!

たまには湯舟につかり

必ずストレッチはしてください。

YUKI



最新記事

すべて表示