• YUKI

準備は自分で

少しずつ慣れてきたかな〜の3回目の新1st

レッスン前の準備は先輩も後輩も関係なく、それぞれが取り組んでいました。

PreⅢから進級した子は、【準備】を鍛えられた成果が出始めています。

ストレッチからバーに移行する際の手際は、流石に先輩さんたちのスピードがあがっていて、今日は自分たちの準備が早かったため、後輩さんたちのサポートもしてくれました。

その調子です!

それぞれが自分のことを整えられることがまず1番。

そしてその後に、周りを見渡せる余裕が出てくるところ!先輩さん今日はブラボーでした。

********

レッスンは、中盤から個々のペースが出始めています。

慣れてきたこともあって、

高まっていく子もいて、集中が際立った後輩さんたちもいました。

また慣れてきたこともあって...

周りの子のことが気になる子や、集中がプツリと点滅し始める子もいました。

だけど、ユキセンセイは手取り足取り〜はもうしませんよ。

・お話を自分で聞いて動くこと

これはPreさんでも同じでしたね。

さらに追加で

・意識して自分で動き出すこと

(自分で気付けること・気づいて欲しいことを増やしましょう)

そのためには

プレパレーション(準備)は、自分で最低限の意識をして整えられるようにしましょう。

学校に行くときに、時間割の準備をすることと同じこと。

授業が始まる前に「なんの授業」で「何を準備するか」自分で用意することと似ていることでもあるなとユキセンセイは思っています。

「今から踊ります」

のための準備。

その準備は、自分でしないと動けませんからね。

「私はいつ踊る番か」

そのためには、ずっと流れも見て自分の番を待ちわびるくらいの意識でいてください。

「上手になりたい」

と言っている先輩さんたちには特にここは厳しく伝えます。

後輩さんたちだって、同じ気持ちだとユキセンセイは思っています。

感じています。

「やりたい!上手になりたい」

ためには、ふにゃふにゃっとした気持ちじゃ上手になりません。

その気持ちは、レッスン中の姿勢や準備で見せつけてください。

ユキセンセイに!

「私・僕」

しか目に留まらないほどの気持ちの強さを、見せつけてくださいね。

********

新しく増えていくことも、たとえ一回二回では記憶に残らなくても

「これは前回も聞いたな」

と思える記憶の振り返りに上書きしていきましょう。

そのためには!

強い気持ちが大切ですよ。

ユキセンセイの声は、聴いています!

その姿勢をまずは自分で見せ続けることを忘れないでほしいです。

クラスの人数が増えても、ユキセンセイ一人ひとりみえています。

見ています。

一人ひとりに声をかけたい

一人ひとりに注意をしたい

だからまずは

「私!僕!準備整ってます」

の姿勢は自分でやって見せてくださいね。

みんなならできるはず。

一人ひとりを知ってるユキセンセイだから、もっと熱い気持ちが見たいな。

と期待込めて

今日はドカンと最後に男前センセイ登場でした。

優しくなくていい

センセイ

ユキセンセイ怖い

って思われてちっとも構わない。

だって

みんな一人ひとりここまで成長してきたんだもの。

そしてこの先を歩んでほしいもの。

厳しいユキセンセイから

涙を飲んだ後の笑顔を掴んでいってくださいね。

Love U

子どもたち❤︎

センセイの目があっちもこっちも熱い視線で、てんてこまいになるくらい

やる気ビンビンの強い姿勢を見せてくださいね。

つよくな〜れ

たくましくな〜れ

そこからきっとあなた達は

優しくも美しくも

かっこよくもなっていくと思うから。

上手になるために

好きなことだからこそ

グンと伸びて

一回ググンと

背伸びもして

笑顔いっぱいのクラスになりますように。

本当の意味でクラスに慣れるには、一人ひとり殻破りしていきましょ。


それぞれのペースで。

そしたらきっと

わからないも見えてきて


わかるが掴めるはずなんだ。



YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!